AIボイスの元祖「HAL 9000」の声優が90歳で死去

  • author Matt Novak - Gizmodo Paleofuture
  • [原文]
  • 中川真知子
AIボイスの元祖「HAL 9000」の声優が90歳で死去
Image: neftali/Shutterstock.com

AIの声といえば『2001年宇宙の旅』のHAL 9000ではないでしょうか。あの優しく抑揚のあるコンピューターボイスを担当した俳優ダグラス・レインさんが11月11日の朝(現地時間)、カナダのオンタリオにある病院で亡くなりました。90歳でした。

カナダ出身のダグラス・レインは舞台俳優で、カナダとイギリスでウィリアム・シェイクスピア原作の古典劇俳優として知られていました。しかし、彼を最も有名にしたのはスタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』に登場する人工知能「HAL 9000」でしょう。

1967年公開のこのSFクラシックを見たことがない人でさえ、宇宙飛行士のデイビッド・ボウマンとHALのやりとりは見覚えがあるかもしれません。

Video: KlingonSpider/YouTube

「進入路を開けろ、HAL」(ボウマン)

「申し訳ないが、できません」(HAL)

David Hughes著の『The Complete Kubrick』によると、キューブリック監督はもともとHALの声にイギリス出身の俳優ナイジェル・ダヴェンポートを起用していたそうです。しかし「イギリス訛りの英語がしっくりこない」という理由で途中から役を下ろし、撮影中はコックニー方言を持つアシスタント・ディレクターが台本を読んでいました。

その後、マーティン・バルサム(映画『サイコ』)が選ばれましたが、やはり降板となり、最終的にキューブリック監督が好きだった1959年公開の宇宙探索ドキュメンタリー『Universe』でナレーションを務めたダグラス・レインが指名された。そんな経緯があったのです。

R.I.P ダグラス・レイン。HAL 9000は今やAIを代表するキャラクターとなり、私たちがAIやコンピューターを使い続ける限り語り継がれることでしょう。

Source: NBC News, NPR

あわせて読みたい

powered by