【閲覧注意】「スプーン1杯に何匹の蚊を詰め込めるのか」がガチで研究されている

  • 11,429

【閲覧注意】「スプーン1杯に何匹の蚊を詰め込めるのか」がガチで研究されている
Photo: Julia Vulcan, New Mexico State University, Journal of Insect Science

たった一杯から数千匹が!

すっかり寒くなって、最近は目にすることがなくなりましたけど、夏がやってくると、あの蚊の羽音と吸血のトラウマが…という人は多いはずです。ただ不快だとか、かゆくて悩まされるだとかの問題ではなく、蚊が媒介する伝染病により、いまでも毎年何百万人もの貴重な命が奪われています。この数字は、サメやクマなどに襲われて命を落とす人の数とは比較にならず、まさに蚊は世界でもっとも危険な生き物だと評されるに値するでしょう。

ところが、いまこの蚊を、できるだけ小さなスペースに生きたまま保存して、安全に輸送するための研究が真剣に繰り広げられているのを、ご存じだったでしょうか? このほど「Journal of Insect Science」の学術ジャーナルに掲載された新論文では、1立方センチメートルの空間に、なんと240匹もの蚊を入れこむことに成功。これはつまり、ティースプーン1杯1200匹もの蚊を盛りあわせ、10mlの容量の注射器内であれば、最大で2500匹の蚊を保存できることを意味しているんだとか。

181112mosquito2
Photo: Geoffrey M. Attardo, University of California, Davis, Journal of Insect Science

そもそも、なぜわざわざ蚊を大量に保存する方法を研究しなければならないのかというと、それは不妊虫放飼とよばれる駆除法に関係しています。人工的に不妊化したオスの昆虫を自然界へ解き放つと、そのオスと交尾したメスからは子孫が誕生しないことになり、それは結果として、種の撲滅にまで追い込むことへつながっていくとの考え方から、実は過去にはラセンウジバエにはじまって、さまざまな蛾やハエの駆除に、この手法が用いられてきました。そして、いま注目されているのは、なんとか蚊の駆除に活用できないものだろうかというアプローチなんですよね。

凝縮したほうが不妊化された蚊の生存率が高まる

ちなみに、この手法で蚊を駆除していくためには、大量の蚊を不妊化し、それを目的地まで送り届けては、ターゲットに向けて放つことが必要なのですが、そのためには1度に可能な限り多くの蚊を輸送できるに越したことはありません。そこでニューメキシコ州立大学では、もっとも効率的な蚊の郵送法についての研究が進められていますよ。

これまでに判明したことは、できるだけ凝縮した状態で蚊を郵送したほうが、普通に容器に入れて送るよりも、蚊の生存率は高まったそうです。飛行機などで輸送中に揺られることが、蚊の命を奪ってしまうことにつながるようで、圧縮して詰め込まれることにより、揺れを感じさせないようにするほうが、実は蚊にとってはよいようですね。ただし、たとえ郵送先まで生き延びたとしても、揺れによって交尾本能が抑制されてしまうなど、不妊虫放飼に用いるうえでダメージを受けていないかなどは、これからさらに研究調査が重ねられていくみたいです。

郵便物を開けると、何千匹もの生きたが飛び出してきます~という光景は、想像しただけでも恐ろしいですけど、これから蚊を駆除していくうえで、大切なプロセスとなっていくのかもしれませんよ。なお、米国内では、たとえ蚊を郵便物として送付したとしても、これ自体は違法行為ではないそうですね。そのうち国際郵便の世界でも、蚊の送付の是非が、真剣に議論される時代がやってきたりして?

Source: Journal of Insect Science

あわせて読みたい

powered by