YouTuberもVTuberもいい声届けられるマイクに熱視線 #interbee2018

  • author 武者良太
YouTuberもVTuberもいい声届けられるマイクに熱視線 #interbee2018
Photo: 武者良太

だはぁ〜。

初日の開場まもない時間に取材したのですが、YouTuber&VTuberと思しき方々が多数きていたんですよ、このブースに。しかも女子率が高い。マジで。

動画を撮っているみなさま。カメラの性能って重視しますよね? ところでマイクはどうですか? もしかしてカメラ内蔵マイクを使っていませんか?

音フェチさんをうっふキャッキャさせたい動画を撮るなら、マイクって本当に重要。ノイズは減るし滑舌がよくなったように聴こえるし、いいことだらけ!

とはいえ解像感が高く、微妙なニュアンスも録れるマイクって高価でつらみある。

IMG_8600
Photo: 武者良太

ところが、プロユースのマイクの音を試しまくれるX-Microphoneブースにあったゼンハイザーの「MK4」がいいんです。ボーカル用マイクではありますが可聴範囲をほぼカバー。そのうえ50Hzから3kHzくらいまではほぼフラットで、使いやすいんですよ。

な、の、に、お値段はAmazonプライスで2万9000円。これならがんばれば買える。いい声、いい音を動画にトッピングしたい方や、Podcastでイケボコンテンツを作りたい方にピッタリでっしょう。

IMG_8591
Photo: 武者良太

ほかにも以下のブランドのプロユースマイクがずらり勢ぞろい。

UETAX(ウエタックス)

Aston Microphones(アストンマイクロフォンズ / ローランド)

TELEFUNKEN(テレフンケン)

SENNHEISER(ゼンハイザー)

NEUMANN(ノイマン)

オーディオテクニカ

SCHOEPS Mikrofone(ショップスマイクロフォン)

ソニー

beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)

Roswell Pro Audio(ロズウェルプロオーディオ)

Ehrlund(アーランド)

マス工房

いずれも自分でしゃべりながらモニターできる環境が整っていたので、自分の声質とマッチするマイクと出逢えるかも?

Source: Inter BEE 2018

    あわせて読みたい

    powered by