ベゼル縮小の秘密とは? 新iPad Pro&Apple Pencilの分解レポートが登場

  • 9,678

  • author 塚本直樹
ベゼル縮小の秘密とは? 新iPad Pro&Apple Pencilの分解レポートが登場
Image: iFixit

外観は大幅に変わりましたが…。

とうとうベゼルが大幅に狭くなり、さらに「iPhone SE」のような角ばった美しい姿を手に入れた「iPad Pro」。しかしディープなApple(アップル)ファンとしては、その中身が気になる…ということで、恒例ながらiFixitが分解レポートを公開していますよ!

181113_ipad_pro
Image: iFixit

新しいiPad Proでは上下のベゼルが大幅に縮小しています。その理由は、本体内部の細長いサブ基板の位置。前モデルの10.5インチiPad Proではディスプレイ下部に位置していたこの基板が、11インチiPad Proではディスプレイサイドに移動しているんです。この変更により、上下ベゼルを縮小できたと思われます。

さらに、分解では新たに搭載された「Face ID」用の「TrueDepthカメラ」、背面の新型Smart Connector、「新型Apple Pencil」を充電するためのワイヤレス充電機構などが確認できます。こうしてみると、新モデルでは外観だけでなく内部も完全ブラッシュアップされていることがわかります。

20181113nifixit3
Image: iFixit

こちらは新Apple Pencilの分解した画像。上の黒い帯状のパーツはタッチセンサーで、これが指先によるジェスチャーを読み取るんですよ。

というわけで、11インチiPad Proの修理容易度は3/10とかなり難しめ。これは、多くのパーツが粘着されているからです。せっかく手に入れた最新のiPad Proですから、保証があるうちは公式修理サービスにおまかせしたいですね。

Source: iFixit