iPhone XRの累計出荷台数は予想以下? iPhone 5cと同じ流れじゃん…

  • 35,460

  • author 塚本直樹
iPhone XRの累計出荷台数は予想以下? iPhone 5cと同じ流れじゃん…
Photo: 山本勇磨

かっこいいんですけどね…。

カラフルかつちょうどいいサイズで登場した「iPhone XR」は、廉価な価格設定でより広い層への普及を狙ったモデル。しかしアナリストの報告によれば、その予測される累計出荷台数は思っていたよりも低いかもしれないのです。

著名アナリストがXRの出荷予測台数を下方修正

Apple製品関連の予測等で著名なアナリスト ミンチー・クオ氏は、2018年第4四半期から2019年第3四半期までのiPhone XRの予測出荷台数を1億ユニットから7000万ユニットに下方修正しています。まぁ予測出荷台数なので今後どう転ぶかはわかりませんが、気になる報告ですね。

iPhone 5cと同じ流れを辿っている

この報告の根拠として、クオ氏は「貿易紛争による中国市場での悪影響」「より安い価格、あるいはデュアルカメラやより狭いベゼルへの需要」「HuaweiのMate 20といったライバルの存在 」をあげています。

まず、iPhone XRはもっとも廉価な64GBモデルが8万4800円(税別)で販売されています。これはiPhoneラインナップの中では安いのですが、他のAndroidスマートフォンを見るとハイエンドモデルの価格帯に相当します。しかも、他社のスマートフォンはデュアルカメラや全画面ディスプレイなど先進の機能とデザインを備えているのです。

Appleの廉価版スマートフォンといえば、「iPhone 5c」を思い出す方も多いでしょう。こちらもカラフルなカラーバリエーションで登場したのですが、「思ったよりも安くない」という声を数多く聞きました。残念ながら、この流れはiPhone XRにも共通しています。

個人的には、今Appleにもっとも求められているのは「iPhone SE後継機種」の投入だと思うんですけどね…。Face IDのようなかっこいい機能はいらないので、4インチサイズの小型iPhone、復活しませんかね?

Source: MacRumors

あわせて読みたい

powered by