ミシガン州の超巨大キノコ先輩、440トンもあったことが発覚

  • 71,967

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
ミシガン州の超巨大キノコ先輩、440トンもあったことが発覚
Image: James B. Anderson

440トンはもうピンとこないわ...

アメリカには、遺伝的に1つの菌糸で生長を続けてきた異常なほど巨大なキノコがあります。このどでかいキノコを改めて分析したら、元々考えていたよりもさらに巨大で樹齢も長かったことが分かったんです。

この個体はC1と呼ばれていて、ワタゲナラタケという種類に属し、ナラタケ属としても知られています。トロント大学の生物学者James B. Anderson氏が1992年にこの巨大キノコを初めて研究したとき、そのとてつもない大きさに度肝を抜かれたとか。彼らはこのキノコが樹齢1500年で重さ110トン、そしてミシガン州アッパー半島の15ヘクタールもの森林面積を覆っていると推測したのです。何千とは言わないまでも何百もの樹木の根を得たC1は、地球最大であり最古の生物だと宣言されたのでした。この時点でもうピンとこないデカさなんですが...

それから30年近くたち、Anderson氏は引退前の最後の活動としてC1のもっと正確な測定をしようと、ミシガン州の森に戻ることを決めたのです。

181121fungus2
Image: James B. Anderson

2015年から2017年にかけてとった何百ものサンプルを調べたAnderson氏はもともとの推定値を修正しなくてはなりませんでした。アップデート版の研究で同氏が指摘するように、巨大キノコは実際には樹齢2500年近く、そして重さは40万キロ、つまり440トンだったのです。キノコが覆っている範囲はおよそ70ヘクタール、ペンタゴン(アメリカ国防総省)のビルの総床面積と大体同じ大きさです。

Anderson氏は声明文の中で「これらの推定値はあくまで下限だとみている」と述べています。「このキノコは、実際にはもっと樹齢が長いかもしれない。とはいえ、1992年のときとは違い、我々はその総面積を網羅したと考えている」とのこと。ワタゲナラタケは他の菌類のようにキノコを林床に発生させますが、この種は菌糸体(栄養源を探してくっつくことで巨大な生物を支える地下のツル)のネットワークも活用します。

4年生の時の科学の授業を思い出すかもしれませんが、菌類は光合成ができず、そのかわりに腐敗した植物や動物質といった、生きているまたは死んでいる他の生物から栄養分を得ています。ナラタケ属のツルには根状菌糸束と呼ばれる部位があり、ワタゲナラタケの根状菌糸束は生木から栄養を吸えるのです。それに実際、この種は生木に感染してからその腐っていく木を糧とし続けることで知られています。Anderson氏いわくワタゲナラタケは「木が腐敗していき、根腐れを起こす大きな原因となっている」と語っています。

がん治療研究に使えるかも?

C1の大きさ、重量そして樹齢を明らかにしたことに加え、同氏はその細胞も研究しました。ワタゲナラタケのリファレンスゲノムと比較したのです。245個以上の細胞サンプルの分析は、C1個体のDNA突然変異率は非常に低いことを示しました。変異はいくつか観測されましたが、このキノコの健康状態や外観に影響を及ぼすようには見えませんでした。

「その事実が、このキノコには我が身を変異から守る何らかのメカニズムがあるはずということを我々に教えてくれると考えている」とAnderson氏は言います。

論文の中でAnderson氏らは、このメカニズムが巨大キノコの根状菌糸束の一部分において有害な変異が発生するのを防ぐと推測しています。研究者らは、このプロセスについてもっと学べばがん治療研究への発展につながると主張しています。

Anderson氏は「がんはとても不安定で、高確率でゲノム変異する傾向にある一方、ワタゲナラタケは変異があまりないとても安定した生物だ」と語っています。 今回発表された研究はまだ査読が必要ですが、biorxivプレプリントサーバーで閲覧できますよ。

余談ですが、ミシガン州の巨大なキノコは世界最大の生物ではありません。その称号は受けるのは、オレゴン州東部にあり、マルール国有林の2385エーカーを覆うオニナラタケの固体群の成長です。この固体の樹齢は2400~8650歳の間だと推測されています。他のものさしで言うと世界最長寿の生き物はユタ州にあるアメリカヤマナラシ。クローンの群生地で重量は1300万ポンドにもなり得るが、悲しいことに死につつあるのです。

Source: biorxiv, National Geographic

あわせて読みたい

powered by