1年に7つのスマホを出したOPPOに聞きました「なんでそんなに沢山だすんですか?」

  • 8,109

  • author 山本勇磨
1年に7つのスマホを出したOPPOに聞きました「なんでそんなに沢山だすんですか?」
Photo: 山本勇磨

ネイティブ中国マーケティング。

OPPO(オッポ)が、新型スマホ「R17 Pro」と「AX7」をリリースしました。「まーたスマホ出したんか!」と叫びたくなりますね。

叫びたくなる理由

181126_oppo_r17_pro-1167088
Photo: 山本勇磨
左:R17 Pro、右:AX7

おさらいすると、OPPOは今年1月に上陸した中国のスマホブランド。上陸と同時にリリースしたスマホ「R11s」を皮切りに、今日まで7機種のスマホをリリースしました。

(時系列順)

・OPPO R11s(1月)
・OPPO R15 Neo(8月)
・OPPO R15 Pro(8月)
・OPPO Find X(10月)
・OPPO R17 Neo(10月)
・OPPO AX7(11月)
・OPPO R17 Pro(11月)

序列としては、Rは数が大きいほど新しくなり、「Pro」が上位、「Neo」が下位。Find Xは最上位モデル、AX7が最安モデルと覚えておけばOKです。

落差9万円。守備範囲ひろすぎない?

181019_oppo_find_x-1165470
Photo: 山本勇磨
今年の目玉。カメラがスライドする「Find X」

多分、今年のラインアップはこれで完結でしょう(OPPOのことだからわかりませんが)。だから、1年の総評の意を込めてOPPOの人に聞いてみました。

「なんでそんなに沢山のスマホを出すんですか?」

その答えは…

「ラインアップを早く揃えるため」

なんだか、モヤっとする答えですが、そういうことです。

「ラインアップを揃える」というのは、高額で高性能なモデルから、安くてそこそこのモデルまで揃えるということ。事実、一番売れるのは真ん中くらいのモデルだったりするので、いろんな選択肢があると、いろんな人に選んでもらえるよね。っていうのがOPPOの戦略でしょう。

最安のR15 Neoから、最上位のFind Xまで本当ピンキリです。2万5000円から12万円ですよ? 9万円以上も落差のあるメーカーは日本だとOPPOとHuawei(ファーウェイ)くらいでしょうね。

そんなに刻む意味あるの?

181111_oppo_r17_neo-1166386
Photo: 山本勇磨
日本初のディスプレイ指紋認証を搭載した「R17 Neo」

モヤっとする原因は、なぜそんなにラインアップを刻む必要があるのか?ってことですよね。AX7とR17 Neo(グローバルでは「OPPO K1」)なんて、価格は1万円くらいしか変わりません。確かに、ディスプレイ指紋認証、プロセッサは違うのですが、けっこう、刻んでます。

ただ、そこは中国シェア2位のOPPO。中国やインド(OPPOはインドでも人気)といった多様で巨大なマーケットに合わせて、ピンからキリまでのモデルを展開。さらには、超早いスパンで、ぐるぐるアップデートする戦略をとっています。

HuaweiやXiaomi(シャオミ)も同じ戦略を取ってますが、OPPOはできるだけグローバルに近い形で日本に持ってきているように思えます。

ゆっくりでもいいからFeliCaモデルがほしい

180822_oppo_r15_pro_hands_on-1130219
Photo: 山本勇磨
国内モデルで唯一FeliCaを搭載した「R15 Pro」

ということで、沢山リリースする理由を一言でいうと「グローバルと同じように、ラインアップを拡大するため」。

上陸1年目だからこそ、ラインアップの拡充を急いだってことですね。にしても、中国と足並みを揃える必要あるのか?という疑問と、R15 Proのように、遅れてもいいからFeliCaを搭載してほしい。という希望もあります。が、そこはまぁ、ビジネス…ってことで。

Source: OPPO Japan