「DJI Osmo Pocket」はゲームボーイミクロのようにエモエモ

  • 34,260

  • author 山本勇磨
「DJI Osmo Pocket」はゲームボーイミクロのようにエモエモ
Image: DJI

狙うはGoPro HERO7の座。

ドローンやジンバルでおなじみDJIから、噂の新製品の「Osmo Pocket」が発表されました!

1/2.3センサーのカメラを搭載した一体型のジンバルで、アクションカム程度の大きさながらも、ぬるぬるとした映像が撮れます。でも、今までにジンバルカムから逸脱した小ささ。この気持ち…ゲームボーイミクロが出たときに似てる…?

有効画素数は12メガピクセル。最近のiPhoneと同じです。動画は4K60fps、なんと100Mbpsで撮影可能。バッテリーは140分稼働します。レンズはF2.0視野角80°の単焦点。通信端子はUSB-C。記録メディアは、最大256GB対応のmicroSDです。

操作類はかなりシンプルですけど、確認用のモニターをも詰め込んだのはグッジョブ。iPhoneをモニターとしても使えるみたいですけど、単体で動くのはいいことですよ。「どこに持ち出してやろか」と妄想が捗ります。

nol0xtpvxnwav70jsev8
Image: Gizmodo US

実はモニターとボタン類のあいだは、モジュール用の端子がついていて、ここに色んなアクセサリーを付け替えられます。

チルトパンが楽にできそうな「コントローラーホイール」から、ハイアングル撮影ができる「延長ロッド」、iPhoneと接続するためのLightningモジュールまで。

そしてDJIというからには、いずれOsmo Pocketを挿して使うドローンがでるんじゃないかという、超合金脳で僕は期待を膨らましています。

iOSの画像(1)
Image: DJI

機能は既存のOsmoシリーズとおおそよ一緒で、被写体を選択して追い続ける「アクティブトラック」や、自動でハイパーラプス動画を作ってくれる「モーションプラス」、ジンバルを活かした「3×3パノラマ」 や長時間露光の「ナイトショット」など。

気になる価格は4万4900円。なに撮るかわからないけど、なんとなく欲しいっていうテンションでは買えないですね。とはいえ、あれば何となく持ち運びそうな気もして、これは悩む…。

でもなんでしょうね。多分DJIとしてもGoPro HERO7を超意識してると思うんですが、やっぱ物理ジンバルの安心感ってスゴいよね。

Source: DJI

あわせて読みたい

powered by