自宅にいながら接客できる!? 寝たきりでも操作できる分身ロボットのカフェがオープン

  • author 岡本玄介
自宅にいながら接客できる!? 寝たきりでも操作できる分身ロボットのカフェがオープン
Image: PR TIMES

11月26日から12月7日までの期間限定オープン!

最近のロボットは自律的ランニングしたり、パルクールをこなしたりと、どんどん人間並の運動性能を獲得していきつつあります。

でも私たちの知る“ロボット”って、『ガンダム』や『エヴァ』のように人間が操るスタイルですよね。ということで、その基本に忠実な、人間が操作するロボット・カフェが赤坂にてオープンすることになりました。

実は操作するといっても、ロボットの操縦者は、ロボットの近くにいる必要がないんです。

Video: 時事通信映像センター/YouTube

コンセプト

このカフェは赤坂にある日本財団1階にて、期間限定で実験的にオープンする「分身ロボットカフェ DAWN ver.β」。日本財団いわく、開店期間は12月の障害者週間に合わせたものです。

本カフェは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者や脊椎損傷者など、これまで就労の対象として考えられなかった重度障害者が分身ロボット「OriHime-D(オリヒメディー)」を遠隔操作することで、自宅にいながら働く実験カフェです

という社会的な問題を、科学技術で手助けする場所なのです。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは

脳から身体を動かす指令を筋肉に伝える、運動ニューロンが侵される病気です。知覚神経や自律神経はそのままなのに、意のままに身体を動かすことができなくなる難病なのです。

最終的には目しか動かせない重度の患者さんもいます。しかし、視線入力装置を使えばロボットを動かし会話もできるので、ロボットを経由して社会に貢献できます。

実際にALS患者さんが、目だけで給仕するテスト映像をどうぞ。

Video: Ory Laboratory/YouTube

『イヴの時間』とのコラボ企画

PR TIMESでは、このカフェは日本財団だけでなく、ロボットを開発した株式会社オリィ研究所と、一般社団法人分身ロボットコミュニケーション協会(ARCA)、さらにはアニメ『イヴの時間』とのコラボレーションでできた企画だと伝えています。

Video: Ory Laboratory/YouTube

ちなみにですが、もともと「OriHime」はテレワーカー用のロボットで、現在70社ほどの企業が導入&バーチャル勤務を実現させているもの。その発展形として、ロボット自身が移動や案内といった接客ができる新型「OriHime-D」へとつながったんですって。

26日(月)はクラウド・ファンディングに参加した方への限定公開ですが、27日(火)から土日を除く12月7日(金)までは13:00~17:00がオープン時間となります。入店は1時間交代制で、チケット代金は1人1,000円とのこと。店外ではロボットの展示や体験コーナーもあるので、最寄りの際はぜひどうぞ。

Source: YouTube (1, 2, 3), 日本財団, PR TIMESMakuake

あわせて読みたい

powered by