ウォズ「ジョブズは今のAppleに満足だろうね」と語る。iPhoneの革新についても力説

  • 13,905

  • author 塚本直樹
ウォズ「ジョブズは今のAppleに満足だろうね」と語る。iPhoneの革新についても力説
Image: Viappy / Shutterstock.com

会社としては大成功しています。

テック業界でよく耳にする、「ジョブズなら〜だろうね」というセリフ。なぜか、みんなジョブズの気持ちを代弁するのが大好きですよね。しかし彼と一緒にApple(アップル)を立ち上げたスティーブ・ウォズニアック氏は、「ジョブズは今のAppleに満足しているだろうね」と語っているのです。

米メディアのCNBCとのインタビューにて語ったウォズニアック氏は、まず彼自身がAppleの人間をテクノロジーよりも大事にする姿勢が気に入っていると発言。さらにジョブズについても、「(テクノロジーより人を大事にする姿勢は)ジョブズも常にそう行動していたんだ。人間はテクノロジーやその結果の犠牲になるべきではない」との考えを明かしているんです。

さらに、ウォズニアック氏は現在のスマートフォン業界についても語っています。なんでも、Androidメーカーは「楽しい機能は実装しているけど、イノベーティブではないよね」とのこと。たとえば笑い顔を検知してシャッターを切る機能も、ただの面白い機能だと断じているのです。

一方iPhoneについては、たとえば「Apple Pay」と「Touch ID」によるモバイル支払いシステムのように「我々の生活を変える」機能が搭載されてきたとしています。そしてAndroidメーカーはそれをコピーするしかないと語っているのです。

これまでのスマートフォンの歴史をみれば、Appleがイノベーターとしてその世界を拡大してきたことは間違いありません。一方、今後スマートフォン業界には「折りたたみ機構」「ディスプレイ内蔵カメラ」「ディスプレイ指紋認証」などのブームが訪れようとしていますが、Appleはそれとは別の道を進むのでしょうか?

Source: 9to5Mac, YouTube