iPhoneの検索エンジンがGoogleの理由は数十億ドルくれるから……ではなく「ベストだから」

  • 15,100

  • author Rhett Jones - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
iPhoneの検索エンジンがGoogleの理由は数十億ドルくれるから……ではなく「ベストだから」
Image: Chip Somodevilla/Getty Images News/ゲッティ イメージズ

先日、Appleのティム・クックCEOがHBOのテレビ番組に出演し、テック業界に関するさまざまなインタビューに応じました。

その際、GoogleがiOSのデフォルト検索エンジンに設定するために、Appleに対して約90億ドル(約1兆円)もの多額な代金を支払っている件に関して、Googleがデフォルトの検索エンジンになっている理由は金ではなく「最高だから」と話しました。

GoogleがiOSのデフォルト検索エンジンであるために約90億ドルの契約を結んでいることで「Appleがプライバシーの侵害をしていることになるのでは」という質問に対して、次のように答えました。

プライバシーは基本的人権です。プライバシーと利益、技術革新を天秤にかけることは問題にもなりません。それ自体が間違った選択です。

Appleがデバイス使用状況について集めたわずかなデータは匿名化されます。ほとんどの機密データは暗号化され、テキストメッセージなども送信した日時を集める程度で、内容は一切含まれません。Appleは、Facebookのような広告主導型企業に勝つためにこのポリシーを大切にしています。

そのため、クックCEOにとって「Googleをデフォルトの検索エンジンにすることでプライバシーの侵害をしているのでは」という質問は心地いいものではなかったと考えられます。しかし彼は思っていたより楽観的に話しました。

まず、私たちはGoogleの検索エンジンが最高だと考えています。これはとても重要です。それに私たちが個人情報の管理をどのようにしてきたかを見て欲しいです。私たちはプライベート・ウェブ・ブラウジングを使っていて、インテリジェント・トラッキング防止策を講じています。こういった方法でユーザーの個人情報保護に務めています。完璧とは言えませんが、助けになっています。

Appleが個人情報保護のために対策を講じているのは理解できますが、プライバシーに重点を置いてブラウザを選ぶなら、IPアドレスの保存もユーザー情報の記録もせず、クッキーすら最低限の使用しかしないDuckDuckGoでも良かったはず。しかし、AppleはDuckDuckGoを使うという選択はしないのでしょう。それではベントレーにフェイクレザーシートを入れるようなものですからね(上質のフェイクレザーもありますが)。

Appleのデバイス販売の伸びは減速傾向にあるため、ますます新たな機会を生み出すサービスに頼っています。2018年の第4半期のAppleの収入は629億ドルで、内100億ドルがiCloudやApple Musicといったサービスから得られたものです。Googleとの取引が重要であることは間違いないのではないでしょうか。

Sourec: Axios

あわせて読みたい

powered by