Windowsが時代に逆行する「ライトテーマ」を実装

  • 18,354

  • author 岡本玄介
Windowsが時代に逆行する「ライトテーマ」を実装
Image: Windows Blog

目が、目がぁ〜!

TwitterやYouTube、それに新macOS「Mojave(モハべ)」にも実装されたダークテーマ(またはダークモード)。画面全体の輝度を下げ、バッテリー持ちが良くなるし(有機ELの場合)、眩しい画面から目をいたわる有り難い機能なんですよね。

私も画面が眩しいのが苦手で、モニターの輝度を出来る限り下げ、Gmailだって黒いテーマに変更してブルーライトカット眼鏡をかけながら仕事をしている程。同様に多くの方々も、眩しい画面が苦手で試行錯誤されているかと思うのですが……。

なんとMicrosoft(マイクロソフト)は今、Windows 10の次回の更新で「ライトテーマ」搭載を計画しているんですって!!

いつから?

The Vergeいわく、4月に配信されるWindows 10の大規模アップデート「19H1」にこのテーマが搭載され、デフォルトの壁紙もライトテーマにマッチするよう微調整をしているとのこと。このアップデートでは、ほかにも画面キャプチャーアプリ「Snipping Tool」や印刷アプリなども刷新されると伝えています。

ちゃんとダークも選べます

とはいえ設定画面からダークモードを選択することも可能になっています。明るさのスライダーもあるそうなので、ユーザーが好みの明るさを調節できるのでしょうね。そしてこれから社内と、β版でユーザーがテストできるようになります。

181116_lighttheme2
Image: Windows Blog

時代に逆行する「ライトテーマ」は広く受け入れられるのでしょうか?

Source: The Verge, Microsoft

あわせて読みたい

powered by