Googleのハングアウト、Chat とMeetに移行へ

  • 6,430

  • author 塚本直樹
Googleのハングアウト、Chat とMeetに移行へ
Image: BigTunaOnline/Shutterstock.com

ほっと一安心?

Google(グーグル)が配布しているコミュニケーションアプリ「ハングアウト(Hangouts)」は、一度くらいは目にしたり使ったことがある方も多いでしょう。そんなハングアウト、一度は終了報道が流れるも、どうやら正確には今後「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に移行するようなのです。

不正確な報道をGoogleが訂正した際に発覚

ことのあらましとしては、まず海外テクノロジーサイトの9to5Googleが、ハングアウトが2020年に終了すると報じました。Googleさん、思い切りが良すぎるよ!と思わず突っ込みそうになったのですが、これに対しGoogleでG Suiteを担当しているScott Johnston氏は「報道は不正確だ。今後、ハングアウトのユーザーはハングアウトChatとハングアウトMeetに移行することになる」と訂正したのです。

なお、G SuiteとはGoogleが提供するグループウェアとなります。そしてハングアウトChatはチーム向けのメッセージングプラットフォームを、ハングアウトMeetはビデオ会議ツールを提供しているのです。なんとなく、SlackとSkypeに似ているかもしれませんね。

なお、ハングアウトからChatやMeetへの移行時期はまだ明かされていません。ハングアウトはコミュニケーションツールとして大きなシェアを獲得している…わけではありませんが、ユーザーとしてはとりあえず一安心なのではないでしょうか。

Source: 9to5Google

あわせて読みたい

powered by