年末家電大掃除!5年使い続けた加湿空気清浄機を分解してフルリメイクしてみました

  • 18,347

  • author 小暮ひさのり
年末家電大掃除!5年使い続けた加湿空気清浄機を分解してフルリメイクしてみました
Photo: 小暮ひさのり

「10年持つ」っていうフィルターがハザード的に臭い

空気清浄機のフィルターの対応年数ほど当てにならないものはないと思っています。1日の稼働時間にもよるし、室内の空気環境にもよるので、あくまでも目安。臭いな〜とか、性能が落ちてきたな〜、と思ったら交換するのが健康のためにはジャスティスなのでしょう。

そんな正義を裏切り続け、「まだいけるまだいける、臭くない、臭くない」と目をそむけ(鼻をそむけ)てきた結果、カオスな香りを発するようになったシャープの空気清浄機にいよいよ耐えられなくなりました。

本体の黄ばみもヤバい

こまめに掃除も手入れもしてきたんですけど、さすがに5年間フルタイムはがんばりすぎでしょうか? とにかく冬場に加湿できないのは致命的なので、稼働5年目にして、はじめてフィルター交換を決意したわけです。

いや待てよ。このままフィルター交換するだけで、果たして僕は満足できるのだろうか?

よくよく加湿空気清浄機の様子を見ると、5年間稼働し続けたために、ところどころホコリが見えます。丁寧にメンテナンスもしてきたとはいえ、吹き出し口の奥など、ブラシが届かない場所は掃除しきれませんし、窓際に置いていたため、側面なんてファミコンみたいに黄ばんでいたのです…。これはダサイ。

そこで、せっかくキレイなフィルターにするのだから、中も外も徹底的にメンテナンスしてやろうと奮い立ったのです!

加湿空気清浄機の全バラシを決行、とことんクリーンに!

単純にこいつの構造に興味があった。そんな気持ちも拭いきれませんが、とにかく思い立ったので全バラシです。ドライバー1本あれば意外と手早く分解できました。

181218kak02
Photo: 小暮ひさのり

カチャカチャとバラシていくと、出てくるわ出てくるわ。ホコリの嵐。これまでブラシが届かなかった場所にもホコリが積もっていて、ここから吹き出た空気吸ってたのか…と戦慄しました。人間ってつよい。あと知らないって幸せ。

181218kak01
Photo: 小暮ひさのり

これで一応、掃除機のブラシで軽く吸ったあと。空気の通り道以外のところにもホコリが積もっていたのも驚きです。意外とコイツの気密は高くないんだなぁ〜と。この機種のウィークポイントを見つけたような気がします。

いちばんホコリが積もっていたのは、風を送り出す送風ファン(写真は撮っておらず)。そこにアクセスするまでに本当に全バラすレベルの作業が必要だったので、適当なところでやめてブロワーで吹き飛ばすんでもよかったかなぁと若干後悔。いや、本来バラすもんじゃないけどさ

181218ka05
Photo: 小暮ひさのり

あらかた掃除しおわって、基板などを取り付けて再組み立てしたところ。95%くらいのホコリは取れました。内部はほぼ新品!

気になる黄ばみ、どう直す?

さて、本体内部がクリーンになったところで、カバーの黄ばみ対策です。皆さんご存知のとおり、こうしたABS樹脂系ボディの黄ばみは、過酸化水素水(衣類用の酸素系漂白剤)+紫外線(太陽光)で取るのがメジャーです。しかし、これだけのデカさのボディを漬けておくだけの液剤を用意するのはコストがかかるので、今回は塗装で解決。ホワイトとクリアーで塗装してみました。

181218kak04
Photo: 小暮ひさのり

手順としては、自動車塗装などと同じように、ペーパーで足付け、脱脂、塗装、クリアーといった流れ。黄ばんでいるとはいえベースは白なので、プライマーはなし。また、そこまでの光沢は要らないので、コンパウンドでの磨きはしていません。

ビフォー画像を撮影していなかったため、その違いを見せられないのが残念でなりませんが、アクリルシリコンスプレーを吹きかけるたびに黄色く汚れたボディが、次第に白さを取り戻していく…いや、白さで上書きされていくさまは、まるで灰かぶりがシンデレラへと変身するかのような物語すら感じられます。

しかし、シンデレラとひとつ違うのは、僕の魔法は24時を過ぎても解けることはないということです。そう、彼女はいつまでも美しい姿のまま、滑やかな肌のまま、リビングで空気と僕らの心を清浄し続けてくれるのです。あぁ、なんて素敵なんだ、僕のシンデレラ…。

※スプレー塗装の際はトリップしないように換気に注意しましょう。

新品のように復活した加湿空気清浄機

181218ka06
Photo: 小暮ひさのり

こうしてフルリメイクを果たした加湿空気清浄機。

フィルター交換のおかげで匂いも浄化され、今日も清浄化・加湿された空気を放出してくれています。気分は上々。Feels So Good。

新しいフィルターは、集塵フィルターと脱臭フィルター、加湿フィルターのフルセットで1万円くらい。ずーっと渋ってたんだけど、こんなに気持ちよくなるならば、分解はさておき、フィルターだけでも早めに交換しておくべきですね。スペック上の耐久年数をあてにしないで、匂いが気になったり、性能が落ちてきたなと感じたら、交換時期だと思ったほうがよいでしょう。

でも、毎年iPhoneはポチるのに、MacBook出るたびにポチりたくなるのに、こうした生活消耗品はなぜセコセコとケチりたくなるのでしょうね。iPhone1台買うお金で、10台以上の加湿器ハザードを救えるのか…と思うと、なんだかフクザツな気分です。

あと、最後にお断りしていますが、今回の加湿空気清浄機の分解清掃は明らかにメーカー非推奨のメンテナンスとなります。真似して「戻らなくなった」とか「ネジ1本余った」とかなっても責任は取れないのでやらないでね!

    あわせて読みたい

    powered by