このサイズで45W!の衝撃。RAVPowerの「窒化ガリウム」充電器を使ってみた

  • 55,636

  • Buy
  • author 小暮ひさのり
このサイズで45W!の衝撃。RAVPowerの「窒化ガリウム」充電器を使ってみた
Photo: 小暮ひさのり

薄っす!

というのが最初の印象。先日この記事でお伝えした、RAVPowerから発売された次世代のパワー半導体素材「窒化ガリウム」を採用したUSB-C充電器「RP-PC104」を使ってみました。

持った感じ本当に薄くて軽くて。これ本当に45Wも出力できるの?って思っちゃったんですが…。まぁ、どのくらいの出力があったのか? ってのはおいおい。まずは全体の様子をチェックしてみましょう。

181208ravk01
Photo: 小暮ひさのり

コンセント差込口は収納式。普段は隠れているのでこの薄さが際立ちますね。

181208ravk02
Photo: 小暮ひさのり

iPhone XS MaxとAppleの29W充電アダプターとの比較です。29Wアダプターとのサイズ差がエグい!

181208ravk05
Photo: 小暮ひさのり

スリムだけどやや幅があり、コンセントによっては隣の差し込みに干渉する可能性も。ポート数もUSB-Cの1ポートのみなので、ちょっぴり指しどころを選びます。

181208ravk03
Photo: 小暮ひさのり

しかし、この充電器のスゴミはそこではありません。メインはそのサイズと重量です。重量は実測で82g。Appleの29Wアダプターが実測で107gだったので、25gも少なくて、出力は16Wも向上。数値から次世代素材の威力を実感できますね〜。

181208ravk04
Photo: 小暮ひさのり

スリムなので、こうしてバッグのサイドポケットなどにも、スルリと入ってしまいます。いやぁ〜…純正アダプタ持ち歩く理由ないなこれ!

181208ravk06
Photo: 小暮ひさのり

お待ちかねの出力チェック。

MacBook 12インチにつないでみたところ、ご覧のとおりちゃんと45Wで入力されていました。すごいですねこれ。充電器買い増すなら、純正である必要性が感じられない…。

USB-Cで充電できるガジェット類は年々増えていますし、外出先で充電したい!といったニーズも増えています。そうしたセカンド充電器の候補として、RAVPowerの「RP-PC104」は選択肢に入れていいのではないでしょうか!

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページをご確認ください。

Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい

powered by