現代の怪談話=テクノロジ。不気味な童謡がニューヨークの街に夜な夜な鳴り響く

  • 6,720

  • author Jennings Brown - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
現代の怪談話=テクノロジ。不気味な童謡がニューヨークの街に夜な夜な鳴り響く
Image: LinkNYC

結局、現代で1番怖いのは、テクノロジの穴ですよ。

今の世の中、1番怖いのは都市伝説でもお化けでもなくて、スマホの充電がきれること! それか電波がなくてネットアクセスできないこと。想像しただけで恐ろしいですね。そうそう、ニューヨークの街のある怖い話も、蓋あけてみたらテクノロジでした。

ニューヨークの街には、LinkNYCというWi-Fiステーションがあります。高さ3メートル弱、公衆電話の代わりとして、街のいたるところに設置されたステーションは、地元民や観光客に無料のWi-Fiを提供してくれます。が、プライバシを不安視する声もあり、現代らしい便利で不気味な存在となっています。さらに不気味さに追い討ちをかけるのは、このWi-Fiステーション、急に童謡を奏でることがあるというのです…。

Video: Gothamist/YouTube

この曲は一体どこから、何が目的で…? ハロウィンの前日、ネタ元のGothamistが、あるEメールを受け取っていました。メール主は、自称、奇妙な童謡の首謀者。いわく、画期的でもなんでもないくせに、「独占的にWi-Fiステーションを展開している企業に物申す、対抗するパフォーマンスとして曲を流している」というのです。つまり、Wi-Fiステーションから流れる曲は、システムをハッキングして流しているというわけ。

取材時にもハッキング

Gothamistの記者が、首謀者Mark Thomas氏にハッキング方法を取材したところ、無料通話機能を使い、事前に設定しておいた通話会議チャットに電話、ボリュームをハイジャックし、ホームスクリーンに切り替えたといいます。ハッキングにかかるのは1分ほど。実際に、Gothamistの記者の目の前で、3番街と42ストリートの交差点でWi-FiステーションハッキングやってのけたThomas氏。このブロックにあった8つのステーションをハッキングするものの、街行くニューヨーカーたちは流れてくる音楽に一瞬目をむけるかどうかというレベル。とくに、気にする人はいなかったといいます。ニューヨーク市の情報通信技術担当者も、「ステーションを利用する人が何百人といれば、そこにイタズラしかける人もいるでしょうね」という冷静なコメント。

公衆電話愛からハッキング

Thomas氏が、Wi-Fiステーションハッキングをした理由。それは、彼が公衆電話をこよなく愛する男だからです。10代の頃には、フロリダ州タンパの街の公衆電話に電話して、受話器をとった人にピアノ演奏曲を聞かせて遊んでいました。1990年から2000年代には、Payphone Projectという公衆電話のデータベースを作り、公衆電話に電話して他人と話す楽しさを世の中に提供してきました。2004年、NYタイムズ紙に取り上げられたこともあり、記事の中で「電話ボックスは外出時の生命線、雨が降れば守ってくれる存在。それがなくなれば、人間のあり方への窓口を失うのと同じ」と公衆電話愛を語っていました。

公衆電話好きだけに、未来の公衆電話と歌うWi-Fiステーションが許せなかった。それがThomas氏のいたずらの根本。結果、とっても簡単にハッキングできることがわかってしまったというね。

Source: Gothamist

    あわせて読みたい

    powered by