Touch IDに未来あり? Face IDとのダブル生体認証の特許公開

  • 7,257

  • author 塚本直樹
Touch IDに未来あり? Face IDとのダブル生体認証の特許公開
Image: Patent Scope

悪くないじゃない。

iPhone Xから導入された顔認証機能「Face ID」により、iPhoneでは日陰的な存在となった指紋認証機能「Touch ID」。しかし新たな特許出願によれば、Apple(アップル)「Touch ID+Face ID」のダブル生体認証方式も検討しているようなのです。

WIPO(世界知的所有権機関)によって公開された今回の特許出願「IMPLEMENTATION OF BIOMETRIC AUTHENTICATION」では、スマートフォン上でFace IDとTouch IDを補完的に使用する方法について説明しています。そして注目したいことに、イラストの端末にはホームボタンがあるのです!

現在販売されているiPhoneでは、「iPhone 8/8 Plus」はホームボタン+Touch ID、「iPhone XS/XS Max/XR」はTrueDepthカメラ+Face IDと、ハードウェアによって搭載される生体認証機能が区別されています。しかしこの両方をiPhoneに内蔵すれば、Touch ID+Face IDという生体認証も実現できるはずです。

現在のAppleの生体認証技術には得意不得意があります。たとえばTouch IDは濡れた指や手袋をしていると使えませんし、ホームボタンはディスプレイサイズを制限します。一方、Face IDはカメラをユーザー側に向ける必要があり、マスクやサングラスをしていると認識してくれません。しかし両方の生体認証方式を搭載すれば、その弱点を補いあえる可能性があるのです。

いつものことですが、特許出願はかならずしも実際の製品化に結びつくというわけではありません。しかし個人的には、「サイドボタン内臓のTouch ID+Face ID」なら、かなり現実的な選択肢なのではないか…なんて思ってしまいますね。

Source: WIPO via Patently Apple