Appleが腐りはじめている

  • 62,336

  • author Adam Clark Estes - Gizmodo US
  • [原文]
  • scheme_a
Appleが腐りはじめている
Image: Pixbay

ファンには寂しい未来になるかも。

iPhone XRが発売間もなく値下げされたのは記憶に新しいですね。かなりビックリなニュースでしたが、どうやらここ最近のAppleの傾向を見ると、起こるべくして起きた事だったのかも知れません。タイトルはセンセーショナルですが、Appleのガジェットが好きだからこそあえて一言言いたい、米GizmodoのAdam Clark Estes氏がこれからのAppleの将来を考えます。


妙なことが今年起こりました。

Appleが、発売してまだ数週間のiPhoneをセールにしたんです。まぁ、表立ってのセールではありませんでしたが、振るわない売り上げに、古いiPhoneのトレードイン価格をあげ、iPhone XRを買う際に最大300ドル(約3万3000円)値引きされるようにしたのです。売り上げのスランプは、XRに限ったことではありません。誰も以前ほどiPhoneを買わなくなり、Appleは大慌てで将来の計画を練り直せばならなくなったのです。

じゃあ、現時点で見える将来は?私に言わせれば、腐ってると思います。

果物の名前を冠した会社名に対し、腐ってるというのが簡単すぎるシャレなのは分かっています。でも、過去数カ月のAppleのつまづき具合をみるとそう考えずにはいられないのです。また、Appleの下がり続ける株価のニュースもひっきりなしに見ます。つい先週、Appleの株価はデッドクロスに入りました。これは、50日間の株価移動平均線が、200日間のそれを下回ると言う危険信号です。Google(グーグル)、Facebook(フェイスブック)、Netflix(ネットフリックス)にも同じことが今年起こったため、専門家の中には弱気相場、あるいは不況の前ぶれではないかと考えている人もいます。

かつて大恐慌を乗り切ったApple

以前米国が大規模な不況に見舞われたときは、Appleは今とまったく違う会社でした。スティーブ・ジョブスが初代iPhoneを披露し、社名から「Computer」を捨ててコンシューマ・エレクトロニクス企業、「Apple Inc.」になると発表した時期です。リーマン・ブラザーズが2008年の9月に突如倒産する頃には、Appleは世界3位の携帯メーカーになっており、ジョブスが10億ドル規模になると予言したApp Storeをオープンしました。今年、ユーザーが元日だけで3億ドル(約330億円)をアプリストアで使ったことをAppleが自慢しました。その直前には、アプリストアを利用しているデベロッパー達が2017年だけで265億ドル(約2兆9300億円)の収益をあげたことも発表していました。

Appleはただ単に大恐慌を生き残っただけでなく、その間に企業価値を大きく伸ばし、同時にあらゆる新しいカテゴリーにその触手を伸ばしていたのです。Appleがタブレットを開発すれば、世界で最もポピュラーなタブレットに成長し、腕時計を開発すれば、世界で最も売れているウェアラブルになりました。もちろんその間に大量のiPhoneも販売しましたが、セールスは現在横ばいとなっており、Appleの仕掛ける「The Next Big Thing(次の大きなブーム)」は、ブームでも何でもなさそうなのです。

イノベーションはいったん休憩なの?

iPhoneに次ぐAppleのドル箱ビジネスはサービス事業で、去年だけで370億ドル(約4兆円)を稼ぎました。これはアプリストアとiTunesストア、iCloudプラン、Apple Musicサブスクリプション、Apple Payも含まれ、他にもビデオストリーミングやニュースサブスクリプションサービスもいずれ含まれるようになるでしょう。何しろAppleはすでにテレビ番組製作に10億ドル(約1100億円)を投資し、独自のニュースサービスの為に、デジタルマガジンサブスクリプションサービスのTextureを買収しました。さらに、Appleは雑誌出版企業のCondé Nast(コンデナスト)を買収すると言うもあります。その真意は定かではありませんが、Apple Newsを強力なメディアにするため、Condé Nastの元重役を迎え入れたことは公になっているので、成長プランがあることは間違いありません。しかし、そういった成長の中に新しいハードウェアの存在がないことを残念がる人は少なくありません。

時価総額1兆ドルの企業へと成長する途中で、Appleはハードウェアでのイノベーションに対する興味を失ってしまったようです。iPad、Apple Watch、iPhoneのどれも、長いこと革新的な新機能が追加されていないと言う人はいます。中には、MacBookやMacは、競争相手がすでにリリースしたマシンの値段を高くしただけだ言う人もいるでしょう。実際、ここ最近で、Apple発の目新しい発明ってありましたか?Touch Barは2016年にMacBook Proで導入されましたが、ただのギミックだと叩かれました。去年Face IDが登場し、気に入った人もいる一方で、あまりに嫌いな為にあえて古いiPhoneを買う人まで出ました。数ヶ月前、AppleはWatchに心電図機能を追加したことで評価されましたが、アメリカ食品医薬品局(FDA)から「常に正しいとは限らない」と指摘されてしまいました。HomePodも新しい製品ですが、正直残念です。

こういう不満は駄々っ子のように聞こえるかもしれません。「魔法のようなガジェットを作ってきた会社が、イマイチなものしか作れなくなった。なんて悲劇なんだ」とね。でも、そうではないんです。これからもAppleは高額なスマホ、腕時計、そしてコンピュータを何年も作っていくでしょう。そして最近の傾向を見るに、さらなるサービスとコンテンツを作って、ガジェットを買った後もユーザがお金を払い続ける方法を作るでしょう。将来的に革命的な何かを作る可能性はありますが、少なくとも向こう数年は、斬新なハードウェアを作ることはないでしょう。言い方を変えれば、弱気市場の到来に合わせたかのように、Appleはイノベーション休憩を取っているようなのです。

休憩はいつ終わるんだろう

でも、そんな休憩は長く続かないかもしれません。Appleは現在、MicrosoftのHoloLensやMagic Leap Oneに対抗する拡張現実(AR)ヘッドセットを開発中と言われており、そんなデバイスが登場すれば、iOSデベロッパがすでにARKitを使ってiOSにリリースしているARコンテンツのエコシステムが、より日の目を見ることになります。噂によれば、そのヘッドセットは超強力なAppleの新プロセッサの入ったボックスと無線で接続するとのことです。こういった未来的な複合現実ヘッドセットがスマートフォン並みに一般的になると信じる人もいますが、そんな『レディ・プレイヤー1』みたいな世界になるとは信じられない人も多くいます。実際、そんな未来が良いんですかね?

また、Appleが高級ハードウェアとそのためのソフトウェアやサービスを売る企業で満足している可能性もあります。AppleはiPhoneの平均価格をすでに上げており、高級モデルは1,000ドル(約13万円)を優に超えます。もしかしたら、iPhone XRが売れないのは、熱心なファンは数百ドル追加してより高いモデルを買っているからかも知れません。そしてApple自身も、底知れないサービスビジネスからの収益がどんどん増えているので、ハードを多く売らなくても良いと考えているのかも知れません。実際、Appleは四半期決算報告においてハードウェアの販売台数を開示しなくなりました。株主達にサービスビジネスの成長に注目してもらうためです。

でも正直言って、あなたがAppleファンなら、iCloudのアップデートで盛り上がったりはしないでしょう。新しいSiriの機能でヨダレを垂らすこともないでしょう。新しいサービスの為にわざわざ店頭に列を作ったりもしないでしょう。Appleオリジナルのテレビ番組ラインナップを見たこともないでしょう。もし見たら後悔すると思います。酷いですから。美しい新ハードウェアが、見たこともない事をするから、Appleはエキサイティングなのです。

もしAppleの未来がサービス中心でハードウェアが蚊帳の外なら、なんて腐った未来でしょう。もちろん、2400億ドルの資産(約26兆円)を持ったApple自身にとっては腐っていないでしょうけどね。Appleは裕福で、より裕福になる方法をみつけるでしょう。でも、その方法が新しいガジェットを売るのではなく、サブスクリプションや料金で稼ぐと言うのなら、Appleファンにとってはつまらない未来なんじゃないでしょうか。

    あわせて読みたい

    powered by