クラウドファンディングで2018年にお迎えしたガジェットたち:ニッチをディグる面白さ

  • 12,802

  • author ヤマダユウス型
クラウドファンディングで2018年にお迎えしたガジェットたち:ニッチをディグる面白さ

あぁ、それにしても珍しく便利なモノが欲しい……!

まさにディグという表現がふさわしいと、最近の自分のクラファン漁りライフを振り返ると思うのです。チェックするジャンルもカメラとかギアとか楽器とか、絞ってしまえば負担もそれなりですし。

というわけで、この2018年に届いたクラウドファンディング発のアイテムを紹介します。今年届いたってことは出資したのは2017年中だと思うんですけど、もはやそれすらもうろ覚え。忘れてた頃に届く海外荷物isクラファンサンプライズ。嫌いじゃないむしろ好き。

深淵系シンセサイザー:Mescaline

121819cloudfd_02

Folktekというシンセメーカーによる、独創的なシンセサイザー。ルックスに一目惚れし、音にも一耳惚れした、2018年で買った一番フェイバリットな楽器です。音はこんな感じですけどパッチング次第でどーとでもなる自由度も魅力。

レアな楽器は持ってるだけでも嬉しくなるし、何かと想像力を刺激してくれます。特にFolktekはアグレッシブな楽器を作るメーカーなので、そのクラファンとなればひとしおってやつです。

超柔らかいワイヤレスイヤホン:VIE FIT

121819cloudfd_03

こちらはギズモードでも紹介した、耳を締めつけないヘッドホン「VIE SHAIR」のメーカーが作ったワイヤレスイヤホン。VIE SHAIRはイヤーパッド宙空化するスタイルでしたが、このVIE FITは耳に入れても全然痛くないというアプローチをとってきました。

その柔らかさは実際なかなかのもので、耳内への負担が少ないだけでなく、耳栓にも似た遮音感を実現しています。まぁモノは気に入ってるんですけど、いかんせんケースが思ったより大きい……。今年はいろんなワイヤレスイヤホンを触ってきたので、このサイズが特に大きくかんじちゃいますね。次世代版、こないかなぁ。

吊るしてオシャレ、単品もオシャレ:Heroclip mini

121819cloudfd_05

カラビナ兼バッグハンガーというアイテム。サイズがデカイほうのHeroclipはAmazonやLoftなんかでも販売され始めましたね。濡れた地面や中華料理屋など、バッグを地面に直接置きたくないような場所では重宝しています。

デメリットは……特に無いかなぁ。カラビナ的なデザインだから変な主張もないし、アウトドアにも取り回せるし。クリップの収納がもっとスムーズになればなーと思いますけど、コンパクトさとトレードオフだろうからこれでOK。お気に入り小物ってやつです。

紙フェチのためのノート:72ノート

121819cloudfd_04

諸君、私は紙質が好きだ。上質紙が、マット紙が、マシュマロが、カルセドニーが、金藤が、コード73kgのチラシ感が、好きだ。72ノートは、その名の通り72種類+αの紙を一冊に綴じたノートです。

一目惚れ系なのでノータイムでポチったのですが、活用はせずインテリア的に所有しています。紙見本として使えないこともないけど、メジャーな紙が揃ってるワケでもないので、たまに触ってニヤニヤするのがきっと正しい使い方。+DESIGNING好きにはタマらぬ一品、一冊。


出資したいモノを挙げだしたらキリがないんですけど(コレとかコレとかコレとか)、「それ本当に要る? 使いこなせる?」とか考えてしまうと、なかなかね。それでも欲しいと思って出資したものがここで紹介した4つなんですけど、出資からゲットまで間が空くクラファンは、手に入れてからの使いしろを普段の買い物以上にイメージしてしまいますね。でなきゃ散財の極みなわけで、でもそれもまたよしで。

最近はクラファン産バッグパック漁りにハマってまして、来年頭にも1つ届きます。世の中にこれだけ大手メーカーによるバッグパックがあるのに、資金調達をしてまで叶えたい「オレの考えた最強バッグパック」があるってのがアツいじゃないですか。クラファン産バッグレビューサイトとかあったら、めっちゃ応援したい。

本年もよき物欲の民でした。さーて来年も、(出資的な意味で)サービスサービスゥ♪

    あわせて読みたい

    powered by