おそらく氷の世界。太陽系で最遠の天体「Farout(ファーアウト)」を発見

  • 20,440

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
おそらく氷の世界。太陽系で最遠の天体「Farout(ファーアウト)」を発見
Image: oberto Molar Candanosa/Carnegie Institution for Science

毎日吹雪なのでしょうか。

天文学者のチームは、太陽系の外側の範囲でもっとも極端なトランスネプチュニアン天体(太陽系外縁天体)の天体を発見しました。

「Farout(ファーアウト=遥か遠く)」と名付けられたこの天体は、地球と太陽の距離の約120倍以上も離れています。天体自体のサイズ的に考えると惑星サイズには満たないため、噂の「惑星X」ではなく準惑星であると考えられています。

「Farout」はあだ名ですが、発見はカーネギー研究所の天文学者スコット・S・シェパード氏と、ハワイ大学と北アリゾナ大学の同僚たちによるものです。

すばる望遠鏡が初観測

この新発見は、今日早くに国際天文学連合(IAU)の小惑星センターによって発表されました。天体と周回軌道を完全に特徴づけるには、さらに何年にも渡る観測が必要です。とはいえIAUは、この星を「2018 VG18」という仮の名前で、座標と観測ノートも一緒にデータベースに追加しました。

「Farout」は2018年11月10日、ハワイ島のマウナ・ケア山山頂にある、国立天文台ハワイ観測所すばる望遠鏡にて初めて観測されました。次いで12月上旬に、チリのラスカンパナス天文台に置かれた、マゼラン望遠鏡で改めて再確認され、その大きさ、明るさ、および色と共に、夜空を横切るその経路を確かめることとなりました。

とにかくすごく遠い!

この極端な太陽系外縁天体は、地球から約120AU(天文単位)の場所にあります。参考として、1AUは地球から太陽までの距離約1億4960万kmなので、それを120倍すると180億kmになります。この距離はあまりに遠く、太陽光が届くまで16時間40分かかってしまうほど。

シェパード氏は、米Gizmodoに対し以下のようにコメントしています。

「2018 VG18」は、太陽系の100AUを超えた地点で見つけた初めての天体です。動きが非常に遅く、太陽を周る軌道を決定するべく充分な天体の動きを見るのに、数年の観測を必要とするでしょう

そしてシェパードと彼の同僚は、もし「Farout」の1年(太陽を一周する時間)が地球の1000年だったとしても、驚かないだろうとも言っています。

ほかの天体と比較してみよう

181218_farout2
Image: oberto Molar Candanosa/Scott S. Sheppard/Carnegie Institution for Science

比較対象として、たとえば冥王星は太陽から約34AUの距離にあります。なので「Farout」は、その3.5倍ということに。そしてそのたの極端な太陽系外縁天体は、96AUに位置する太陽系最大の準惑星エリスと、今年初頭に発見された90AUの場所にあるゴブリンという星も見つかっています。

氷の世界

天文学者たちは、「Farout」がかすかにしか観測できないために物理的特性が特定できていません。どんな世界なのかは、まだ一応謎というわけですね。しかしシェパード氏のコメントでは、こうあります。

明るさと距離に基づいて、それは直径約500から600kmの可能性が高いようです。このサイズでは、重力は対象物が持つどんな物質の強さよりも優勢なので、形状は球形でなければなりません。

つまりこれは準惑星だろうと思われます。色は赤からピンク色のあいだぐらいで、これは氷の表面があることを示唆しています。氷は通常、太陽の放射線から長時間照射された後、赤みがかった色に変わるんです

「Farout」は、惑星Xとも呼ばれる未知の仮想惑星プラネット・ナイン探索時に見つかりました。この仮想惑星は、ほかのカイパー・ベルトにある天体の向きを基に考えて、太陽系の外側に存在すると考えられています。しかしシェパード氏が指摘しているように、「Farout」は巨大だと思われている惑星Xほどのサイズではないので、惑星Xではないと考えられています。

惑星Xは、ほかの小さな天体をその強大な重力によってみんな似たような軌道に追いやります。なので、地球よりも数倍大きいはずなのです。それにもっと何百AUも遠くにあるはずなのです

どの軌道に属するのか?

181218_farout3
Image: Scott S. Sheppard/David Tholen
2018年11月10日に1時間置いて撮られた2枚

この天体がどうしてそんなに遠くの位置を保っているのか、まだまだ軌道を確定するまで答えは保留のままです。

もしその軌道がある時点で海王星、またはほかの惑星に近付くほど内側まで来るようであれば、それは海王星のような惑星と重力作用して現在の位置と軌道に振り回された可能性が高いと考えられます。しかしながら、もしも私たちの太陽系にある惑星に近づくような軌道をしていなければ、それがどこからやって来たのか? という大きな疑問に変わります。そうなると、惑星Xの重力が太陽系の外側まで引っ張ったのでは、という可能性を示唆するのです。

いずれの結果もエキサイティングですよね。もし最初の仮説だったら、太陽系の歴史をよりよく理解するのに役立ちますが、2番目の仮説であれば惑星Xが実際に存在するという証拠を提供してくれるワケです。

意外と早く会いに行けるかも?

実は「Farout」を見に行くのはそんなに難しいことではなさそうです。

我々は2006年に、人類初の冥王星を含む太陽系外縁天体の探査を行なう無人探査機「ニュー・ホライズンズ」を打ち上げています。現在も宇宙を飛んでいるわけですが、これが正月に、カイパー・ベルトにある天体「Ultima Thule(ウルティマ・トゥール)を訪れる予定で、いま現在は5万8500km/hで移動中なんです。

もし地球から同等の探査機で「Farout」を目指すと、35〜40年程度でたどり着けます。なのでNASAさん、次世代のミッションを立案するときはぜひご一考を!

Source: Carnegie Science
Reference: Wikipedia

    あわせて読みたい

    powered by