Facebookがなくたって大丈夫。やめたい人が今すぐ使えるFacebookからの乗り換えツール6選

  • 9,663

Facebookがなくたって大丈夫。やめたい人が今すぐ使えるFacebookからの乗り換えツール6選
Image: Gizmodo US

私、もうすぐFacebookやめます。

そんなメッセージを友達からもらったことはありますか。ユーザーのFacebook離れは加速する一方な中、やめたくてもやめられない、迷い中の方もいらっしゃるのでは。

かくいう私もFacebookなんて信じられないといいつつも、グループにページにメッセージに写真に、あらゆる方向からFacebookを大活用しすぎていて、今さらやめられません。なんだかんだ言ってみんな使ってるしね。

やめるのはいいけど便利な機能が使えなくなるのはもったいないですよね。そこで米GizmodoのDavid Nield記者がアメリカで使われているFacebookの機能の代わりとなるツールを紹介してくれました。


やめたい人が今すぐ使える乗り換えツール6選

Facebookをやめる決意はできましたか?

人種差別不愉快な広告テクノロジーデータ漏洩と、スキャンダルに次ぐスキャンダル、問題や物議をかもし過ぎて、もはやユーザー離れも止まらない感のあるFacebookですが... やめたらどうする? 友達は置き去り? その辺がみなさんの気になるところかと思います。でもご安心ください。Facebookをやめても中で使っているいろんな機能は、ほかのソーシャルメディアやツールでも楽しめます。 Facebookが買収したInstagramやWhatsAppも使わなくても大丈夫。 ザッカーバーグ帝国がイヤなら、ほかにすみかを探せばよいのです。それではFacebookと同じようなコンテンツや機能を楽しめ、かわりとなるアプリをご紹介してみましょう。

写真はGoogle Photosで友達・家族と共有

2
Image: Google Photos/Gizmodo US

Apple iCloudにDropbox、Microsoft OneDriveにいたるまで、写真を整理してくれるアプリはごまんとあふれています。でも、Google Photosはどんな人でも簡単に使えて楽しめるアプリ。保存できる画像数や動画数が無制限というだけがその理由ではありません。

画像を16メガピクセルまで、動画クリップは1080pまで圧縮できるのです(有料バージョンにアップグレードすればそのままの解像度をキープできます)。Google PhotosはAndroidでもiOSでも、Windowsでも使用できて、iCloudのライブラリより使い勝手がよいです。 iOSとmacOSユーザーなら、Apple製品が使いやすいかもしれませんが、Facebookをやめようと思っている人にぴったりの写真管理ツールといえます。 Facebookは画像や動画の共有がとても簡単で、画像やアルバムにアクセスできる人についても個別に管理でき便利です。

Google Photosは連絡先の情報を元に自動的に顔認証でタグをつけてくれます。共有したい人を提案してくれたりもします(自動認証がいやならこの機能はオフにすることもできます)。かつてFacebookで爆発的な人気を獲得したのはこの写真共有機能でありました。インターネット上で簡単に友達みんなとに写真を共有してみせることができるんですから、みんな飛びついたものです。でも、今ではFacebookじゃなくたって、写真を共有したり管理したりするツールはたくさんあるんです。

Google Photos:無料/Android, iOS

メッセンジャーも乗り換え

3
Image: Signal/Gizmodo US

使っている通信手段がもっぱらFacebook Messengerなら、それ以外のアプリを探すのはちょっと苦労するかもしれません。メッセンジャーだけは相手が使用しているアプリによるので。Facebookの強みはその人気。あなたの周りのみんなが使っているということ。WhatsAppもメッセージツールとしては人気ですが、WhatsAppもまたFacebookの傘下にあります。

Apple(アップル)のiMessageという手もありますが、iPhoneを使用している友達としか使えません。でも写真や動画の共有に、メッセージの暗号化、グループチャットなど、通信サービスで使えるほとんどの機能は網羅しています。

Googleのメッセージアプリは不安定ですね(Hangoutは最近使用中止が発表されたばかりです)。InstagramもWhatsAppもFacebookの傘下にあるので、ほかにFacebookとは関係ない通信系といえばSignalTelegramしか思いつきません。Signalの方が暗号化にすぐれていますが、どちらもメッセージ、電話、グループコールなどさまざまな機能を使用できます。しかし、いずれを選んでも通信する相手をそこに招待しなくてはなりません。

携帯のショートメールという昔懐かしい手段もあります。携帯番号がわかれば友達や家族に送ることができますが、画像や動画などのメディアは共有できません。日本ではLINEが人気ですが、あとはAndroid メッセージという手もあります。

Signal:無料/Android, iOS

ニュースはTwitterでまとめて見る

4
Image: Twitter/Gizmodo US

Twitterのユーザー数はFacebookにひけを取りません。ことニュースに関してはTwitterも結構使えるんですよ。見たいニュースのフィルタはよい感じで管理できますし、どのストーリーを上に表示したいかも選べるし、なんといってもユーザーインターフェースがすっきりしています。

地元のニュースや全国ニュースはおろか、ハッシュタグを上手く使えばリストを作成してニュース専門のアカウントをごっそりまとめることができます。またTwitterでのニュースライフを充実させたいならTweetDeckも便利です。検索やフィルタが充実しています。

TwitterとFacebookではTwitterの方がニュースの検索にすぐれています。同じニュースを追うのでも、Twitterの方が素早くニュースを検索できます。試してみてください。第一、プロフィールには余計なことを書き込まなくてもよいのだから、それだけでも身軽な気分になれます。

Twitterはソーシャルメディアのユートピアからは程遠いですが、ニュースや情報収集のツールとしてはすぐれています。また人のつぶやきを見ているだけでよく、自分ではつぶやかなくてもいいし、それを誰もとがめないのも気が楽です。

Twitter:無料/Android, iOS

ストーリーの公開はSnapchatで

5
Image: Snapchat/Gizmodo US

FacebookとInstagramが最近打ち出してきたストーリーという機能は、実はSnapchatを発祥の地とするのです。ティーンに好まれるSnapchatでは、独自のスタイルでストーリーを展開。楽しく自分を語れます。

「インスタ映え」するクリアな完璧写真ではなく、ピンボケしてたって下手な写真だって気にならないんです。メッセージも画像も長期保存されないしね。これが瞬間を生きるティーンの刹那的自己表現の方法。 いっぺんに数人の友達に自己満足写真をむりやり送りつけることもできるし、一人だけにこっそり送ることもでき、 24時間経ったら消えてしまうので後悔しない公開ストーリーはSnapchatがオリジナルです。

Snapchatにストーリーを載せるのはとっても簡単。ステッカーをつけたり、フィルタリングしたり。あと仮想現実効果でおもしろく自分の顔を変形させたり楽しく遊べます。また最近のアップデートでは友達をタグづけすることもできるようになりました。写真を見れるのは1日くらいで、自分で保存しない限りは、すぐに消えてなくなります

ここにも相手をSnapchatに招待しなければならないという壁が立ちはだかりますが。また面白いストーリーを作らなくては誰も注目してくれません。Instagramのユーザーならすぐ乗り換えできるかも。

Snapchat:無料/Android, iOS

イベントはGoogle Calendarで管理・共有する

6
Image: Google Calendar/Gizmodo US

Facebookではイベントが盛りだくさんですよね。もう忘年会や新年会イベントが立ち上がっているかもしれません。Facebookをやめられない理由のひとつに、イベントがあげられるのではないでしょうか。Facebookではイベントや発表会を宣伝できますから。

でもプライベートな一回限りのイベントの開催なら、Google Calendarにおまかせください。Googleアカウントが必要ですが、いまどき誰でもひとつはGoogleのアカウントを持っているもの。持っていなくたって作成するのは簡単です。

Google Calendarイベントでは、日付はもちろんのこと場所を追加したり、メモを書いたり、ファイルを添付したりできます。メールアドレスを使ってほかの人を招待します。お互いのカレンダーを共有しあえば、相手の空いている時間を探すこともできるのです。

招待者のリストも管理でき、必要な場合はみんなにメールを送ることができます。ほかのGoogleアプリやサービスを使用しているなら、イベント情報はそこでも共有されます。Google HomeにはFacebookのイベントは表示されませんが、 Google Calendarのイベントは共有されます

Google Calendar:無料/Android, iOS

グループ管理はGroupMeで

7
Image: GroupMe/Gizmodo US

イベントと同様、グループの管理もまたFacebookをやめたくてもやめられない理由のひとつではないでしょうか。学校のグループ、社交グループ、スポーツクラブ、家族など、入っているグループはひとつだけではないはず。 グループを辞めてしまえば、話題にも入れなくなります

ここでも、なんとかしてグループのみんなをほかのアプリに誘わなくてはならないという難関が待っています。100人以上参加しているような地域ぐるみのグループならそれも大変でしょう。ですが、チャットアプリでも小グループを作成することはできます

Facebookに似たようなツールなら、GroupMeがオススメです。チャット、画像の共有、動画、リンクの共有など、基本的なグループに必要な機能はあります。アプリをインストールしたくない人はSMSでお知らせを受け取ることもできます。

GroupMeではイベントを作成することもできます。Facebookのイベント機能の役目も果たしてくれます。 GroupMeはデザインもかわいく、誰でも手軽に使用でき楽しく使えます。これもみんなを招待する必要がありますが…どうですか、こんなに面倒でも乗り換えを考えますか。

GroupMe:無料/Android, iOS

    あわせて読みたい

    powered by