Facebookが反論「企業にデータアクセスを許可してたけど、言われてるほどのことじゃない」

Facebookが反論「企業にデータアクセスを許可してたけど、言われてるほどのことじゃない」

年の瀬になってもスキャンダル。

Facebookの2018年はスキャンダルに次ぐスキャンダル。はあ〜。2019年が思いやられますね。

ユーザーが非公開にしているはずのメッセージを、ユーザーが知らないうちにパートナー企業と共有していたかのようにFacebookが叩かれていますね。でもそれは真実ではありません。メッセージとパートナーシップについての事実をお伝えします。

という出だしから始まる Facebookのプロダクトパートナーシップ部門のヴァイスプレジデントIme Archibongのブログ投稿、いったいどういう意図なのでしょうか。Facebookは「パートナー企業がユーザーのメッセージを閲覧できる」など、必要以上の権限を与えていたことについては否定していますが、米ギズモードのCatie Keck記者は辛辣な分析をしています。ご覧ください。


またまたデータ・スキャンダルです。

師走も大詰め、もう2018年もあとわずかなのに、これでもかとスキャンダルを繰り広げるFacebook。この年の瀬にきて、またもやNew York TimesがFacebookのユーザーデータの取り扱いのまずさを指摘していますよ。Facebookユーザーの非公開であるはずのメッセージがパートナー企業に漏れていたというこの事実に、Facebookはどう反論するのでしょうか。

このレポートを受けて、Facebookのユーザーデータの取り扱いのずさんさがまたまた明るみに出たわけですが、Facebookのプロダクトパートナーシップ部門のヴァイスプレジデントがブログで言い訳していますよ。その言い訳によれば、「Facebookがユーザーの非公開メッセージをこっそりパートナーに漏らした」ということが取りざたされているが、それは「真実ではない」なんて言ってますけど。

Ime Archibongのブログ投稿より : Spotifyで聴いている音楽やNetflixで視聴している動画をメッセージで送りあったり、Dropboxで共有しているフォルダやRoyal Bank of Canadaアプリを使っての送金の受領書などについて、メッセージを交わすことがありますよね。 これについてはいろんなところで指摘されてもいるわけです。 ユーザーにはこれをはっきり伝えており、Facebookにログインしているときだけこれが使えるようになっています。SpotifyでFacebookの友達にメッセージを送るときなどには、Spotifyに書き込み許可を与えているわけです。 そのメッセージを見るためには、 Spotifyに読み込み許可を与える必要があります。「削除アクセス」により、Spotifyのメッセージを削除すれば、Facebookのメッセージも削除されるのです。

New York Timesのレポートの直後に行なわれたこのブログでの回答は、FacebookがSpotify、Netflix、Royal Bank of Canadaにユーザーの非公開のメッセージを読み取ったり書き込んだり削除したりする許可を与えたばかりか、メッセージに関与しているその他のユーザーすべてについてこれらの企業が確認できるような状態だった、ということを明確に示しており、 Facebookがパートナーに必要以上のアクセス権を与えていたということがわかります。

どうもユーザーの非公開メッセージを見ることは決してFacebookの優先事項ではなかったんだよ、ということを主張したいかのように見えますが...。

「あなたのメッセージがサードパーティーに見られることはありませんし、許可なくメッセージが友達に送られることもありません」とブログでは言っていますね。「多くのニュースではまるでFacebookがユーザーのメッセージをパートナー企業に公開していたかのように伝えていますが、これは事実ではありません」 とも。

このブログの後にまた別のブログで、デベロッパープラットフォームとプログラムディレクターKonstantinos PapamiltiadisがまたもNew York Timesに反論していますが、これもまたFacebookブランドのパートナーシップの一連の事実を軽視するような発言で、「パートナーのメッセージ機能を使用するにはまずFacebookに明示的にサインインをする必要がある」などと、まるでアクセスしたユーザーが悪いというような言いようですよ。

2018年の終了も秒読み段階。ここにきてFacebookは落ちるとこまで落ちた言ってよいでしょう。


うーん、Facebookのブログの内容からすると、あくまで実装に必要な機能を提供していただけで、企業がメッセージの内容まで取得していたかどうかは別の問題ともとれますが...。にしては説明が下手過ぎるように思います。Facebook広報のスタッフたちは、どうもよい初夢は見れそうになさそうですね。

Source: Facebook newsroom (1, 2)

あわせて読みたい

powered by