女性キャラが活躍する映画のほうが儲かる

  • author Charles Pulliam-Moore - Gizmodo io9
  • [原文]
  • そうこ
女性キャラが活躍する映画のほうが儲かる
Image: Faiz Zaki/Shutterstock

女性、強し。

ネットの映画評を見ていると、スター・ウォーズシリーズで女性キャラが中心になったことに「シリーズの雰囲気を損なう」してよく思っていない人がいたり、「ビジネス的にふさわしくない」なんて言う人もいます。しかし、ある研究によればそれらはお門違いな意見なんですってよ。

タレント事務所Creative Artists Agencyのデジタル戦略を担っている広告代理店Shift7が実施した調査により、女性キャラをメインに置いた映画の方が興行成績がいいことがわかりました。この調査でいう「女性キャラメイン」とは、Bechdelテスト(男性以外のトピックに関してセリフをいい合う女性キャラが2人以上いる)の基準をクリアしたもの。調査対象は2014年から2017年に公開された興行成績上から350本の映画で、これらを映画予算に応じて5つの段階にわけてチェックしました。結果は以下の図に。

181213womenmovies
Image: CAA/shift7

グレーが男性キャラがメイン(=Bachelテストをクリアしなかった映画)で、赤は女性キャラメイン(=Bachelテストをクリアした映画)。赤の圧勝ですね。もちろん、赤=女性が主役というわけではありませんけれど。調査を率いたプロデューサーのLiz Chasin氏も、今回は女性キャラメインの定義ハードルをかなり低く設定したとコメント。それにもかかわらず、Bechdelテストを通過しなかった映画の多さに驚いたといいます。逆にいえば、映画の中のフィクションの世界は男性が多すぎるということですね。バランス大事よ。

この調査結果が、ハリウッド映画業界のエラい人たちの目に止まれば、これから女性スーパーヒーロー系映画などもふえる可能性あります。お金に直結することにエンタメビジネスのエラい人たちはきっと敏感なはず。期待!

Source: Shift7

    あわせて読みたい

    powered by