2018年ギズ編集部が買ったもの:もっと早く買っておけばよかった…

  • 30,339

  • author K.Yoshioka
2018年ギズ編集部が買ったもの:もっと早く買っておけばよかった…
Image: ギズモード・ジャパン

正直なところ、今年はそこまでパッとしたガジェットが発売された記憶はありません。でもそれの何が問題なのでしょうか。見渡してごらんなさい、世の中にはすでに素晴らしいもので溢れているではないですか。

今年僕が購入したガジェットは特に目新しいものではありません。でもガジェットは欲しい時が買い時。これでいいのだ…!と言い聞かせています。

RICOH GR 2

181226_buy_giz_0004_IMG_7219
Image: ギズモード・ジャパン

コイツは僕のライフスタイルを変えてくれました。ギズモード編集部はカメラ好きばかり。僕自身も大学生の時に購入したKiss x7を持っていて、昔はよくプライベートで使っていました。しかし、その重さが個人的には少しずつストレスに。最近は時代を追うごとにどんなものも軽量化しています。となると、カメラだってもっと軽くしたい。もちろんカメラにそんな軽量化を求めるのは、僕がライトユーザーだからということもあります。

そんなこんなで、カメラ好きの多いギズモード編集部に相談したところ、名前が出てきたのがRICOHの「GR2」。買うかどうかずっと悩んでいたのですが、台湾旅行の前日に気持ちが盛り上がってしまってそのまま購入しました。

スナップがメインとなる旅行では大いに活躍しました。重さは10,000mhくらいのモバイルバッテリー(だいたい200gくらい)とほぼ同じなので、ずっと肩から下げてても疲れないし、ポケットにもいれられます。それでいて、単焦点ゆえに自分の足を動かしながら撮影しなければいけないので、本当にあちこち歩き回りながら旅行と写真の楽しさを実感できました。

そして画質も、センサーサイズがAPS-CなのでKiss 7を使っていた時とは大差なし。むしろフィルターのかけ具合や、設定次第で自分好みに遊べるのが楽しいですね。あと肝心なのは日常生活でも余裕で持ち歩けるということ。いつもカバンに入れておいて、ここぞという時にはスッと取り出しスナップできるので、「写真を撮る」という行為がいままでよりぐっと身近になりました。初心者が写真好きになるためには、これくらいの気軽さがちょうどいいのかもしれません。

Nintendo Switch & 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』

181226_buy_giz_0003_IMG_7267
Image: ギズモード・ジャパン

実は購入してから1週間も経っていません。PayPayのキャンペーン期間中に悩んだあげくスルーし、クリスマスイブに集まった男友達3人でテンションの高ぶりに任せて購入しました(その後ラーメン二朗に行った)。

僕、基本的にかなり堕落していてやゲームさえも「電源つけるのめんどくせえ! クリアするのめんどくせえ!」って投げ出しちゃうような人間なのです。でもそんな僕を夢中にさせてしまうのだから任天堂はすごい。だって面白いんだもん!

スマホのゲームは物足りないけど、かといって据え置きゲームは腰が重すぎる。でもSwitchはいつでもベッドのよこに置いて、寝転がったまま据え置きレベルの上質なゲームができるんで、まさに求めていたものでした。

加えて、同時に購入した『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』がもう楽しくて楽しくて。僕、Nintendo 64の『スマブラ』しかやってなかったんですけど、当時は自分でソフトを持ってなくて激弱だったんですよ。子供の頃ってスマブラの強さでヒエラルキーが決まるじゃないですか。だからこそ27歳にしてリベンジの時がきたと、遊びまくって最強になってやるよと、そんな気持ちで戦いに挑んでいるのです。

正直、こんな記事を書いている場合ではないのです、強くならないといけないので。Nintendo Switchのせいで27歳にして全力少年になってしまいました。

Jabra Elite Active 65

181226_buy_giz_0002_IMG_7338
Image: ギズモード・ジャパン

コイツはちゃんと最新でかつ満足できたガジェットです(これもまだ購入して1週間も経ってないけど)。たまたま他社の完全ワイヤレスヘッドホンを使ったことをきっかけに興味が湧いてきてしまって、リサーチ&お店で視聴して購入しました。

決め手となったのは、音というより操作性とデザイン。操作性でいうと、自分自身リモコン付きのイヤホンにずっと慣れてしまっていたので、曲の再生・停止、音量の上げ下げ、曲の送り・戻し、というすべての要素が備わっていることが決めてでした。あと外音を取り込む機能があり、曲を停止した時にわざわざ耳から外さなくても人の声が聞こえるのもよかった点です。

あと完全ワイヤレスイヤホンってAppleのせいでかなりデザインが重要になったと思うんです。「オシャレは耳元から」てきな。コイツのデザインはガジェット感とオシャレの合いの子という感じで、高級感もあります。一応Jabraはデンマークメーカーなので「北欧デザイン」って言えるし。

やっぱいいものをつけてると、自分もかっこよくなった気がするし、上質な大人になったような錯覚におちいりますね。これでいいんです。

デンマーク生まれの高級ワイヤレスイヤホンで”音”を楽しむ、27歳のEditor K.Yoshioka(渋谷勤務)

うん、いい字面じゃないですか。これだけで満足です。

あわせて読みたい

powered by