元NASAの技師がHomePodの箱で泥棒撃退ガジェットを作る

  • 5,164

  • author 岡本玄介
元NASAの技師がHomePodの箱で泥棒撃退ガジェットを作る
Image: Mark Rober/YouTube

好かれない子HomePodのベストな使い方です。

かつてNASAで惑星探査機を作っていたエンジニアで、YouTuberのマーク・ロバーさん。彼はこれまで世界一やさしい車のクラクションをDIYしたり、世界最大の水鉄砲でスイカを割ったりと、持ち前の技術力でユニークな発明を行ってきました。

ですが今回は、玄関先に置かれた配達物を置き引きする盗っ人らに腹を立て、彼らに仕返しをするガジェットを開発!

6カ月をかけて出来たものは…箱を開けると大量のラメが飛び散り、その様子をスマホで録画して位置情報と共にサーバーへとアップロードするだけでなく、おならスプレーで悪臭を撒き散らすという極悪な装置。

Video: Mark Rober/YouTube

見ているこちらは最高。でも泥棒にとっては最悪デス。

玄関先の置き引きは、アメリカ全土で起こっている問題。しかも盗んでいくのは民間人というからホントに自由の国にも程があります。ロバーさんも常々この被害に遭っており、証拠の映像と持って警察に相談しても相手にされない始末。そこでもう、持てる技術力すべてを投入し、泥棒と対決するしかない!となったわけです。

基板関係の組み立ては、以前にハイテク・ハンドスピナーを作ったショーン・ホジンズさんに頼みました。こちらの動画からは、もうちょっとテクニカルなメイキング映像が見られます。

Video: SeanHodgins/YouTube

そして完成後、まるで今日届いたかのようなHomePodの箱は次々と盗まれ、泥棒たちは車内や自宅でラメと悪臭を撒き散らすハメになったのでした。

最近は、偽物のAmazon(アマゾン)の箱を利用した泥棒の捕獲プロジェクトが効果をあげている事例もありますが、まだロバーさんのように自衛できるだけマシな状況。

もっとテクノロジーを駆使して、対策方法が出てこないモンですかねぇ?

Source: YouTube (1, 2)

    あわせて読みたい

    powered by