さよなら、Googleのメッセンジャー「Allo」

  • author 塚本直樹
さよなら、Googleのメッセンジャー「Allo」
Image: dennizn/Shutterstock.com

使ったこと、あります?

Google(グーグル)が2016年に発表した、メッセージアプリ「Allo」。こちら、残念ながら2019年3月までしかサービスが提供されないことが、公式に発表されました。

シェアをあまり獲得できなかったためか

Googleのメッセージアプリといえばメッセンジャーやハングアウトがあるのですが、Alloでは画像認識とSmart Replayという人工知能を利用した機能が特徴。これにより、相手から送られてきた画像の内容をAlloが認識し、Smart Replayにて適切なコメントを選び出してワンタップで送信できるのです。

Alloの利用に必要なのは、Googleアカウントだけ。もちろん、iOS向けのアプリもリリースされています。しかし、日本でも海外でもメッセージアプリとしてあまりシェアを獲得できたとは言い難く…。このあたりの敗因が気になりますね。またハングアウトも、今後は「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に移行することが発表されています。

なお、Alloのサービス終了までにユーザーはアプリから会話履歴をエクスポートできます。手順については、こちらのページをご参照ください。

Source: Google via The Verge

あわせて読みたい

powered by