車のカギどこ…がなくなる! 指紋認証でドアロック解除からエンジン始動まで可能に

  • 6,985

  • author 湯木進悟
車のカギどこ…がなくなる! 指紋認証でドアロック解除からエンジン始動まで可能に
Image: Hyundai Motors via ZDNet

自動車にも生体認証!

パスコードを入力してロック解除…というシーンは、いまやレトロな雰囲気でもあります。指紋認証方式がスタンダードになったかと思いきや、顔認証方式の採用も進んでおり、なりすましは別にして、もはや本人以外からは操作を一切受け付けない環境が、すっかり整ってきましたよね。

当然ながら、その流れは、車の運転にもやってくるであろうとは覚悟していましたが、このほどZDNetは、すでに韓国のHyundai Motor(現代自動車)が、来年初めに中国で発売する「Santa Fe」の2019年モデルで、いわゆるハードウェアとしてのカギを必要としない新SUVの準備を整えたことを伝えていますよ。

触れて運転開始、シートポジションなども自動設定

この新SUVはドアロックの解除にドライバーの指紋認証を採用しており、車内へ乗り込んで、エンジンを始動するイグニッションボタンにも指紋認証センサーを採用。指先で触れるだけで、車に乗れて、運転まで自由自在にできてしまう時代が現実のものとなりますよ~。

ちなみにメインの運転手のみならず、複数の車を使用するユーザーの指紋データが登録できるため、家族や社員が、だれでも自由に車を開け閉めできるようにすることが可能です。おまけにドライバーとして登録されると、運転席に座った人のシートポジション、ミラーの位置、ハンドルの角度、好みのエアコン温度設定などなども、すべて自動で設定されるとのこと。なんだか007のような世界が、本当にマイカーで実現してしまうんですね。

セキュリティ面も十分に配慮されているようで、落としたカギを拾えば、だれでも操作できるようになる物理キーよりも、かえって本人や関係者しか運転利用できない車として、万全の盗難対策になるかもしれません。家のカギだって、生体認証方式を採用する動きがありますし、そのうちカギって何なの? そう尋ねる子どもたちが普通の時代がやってくるのかもしれませんよね。日本車メーカーからも、こうした装備の採用が続々とアナウンスされていく展開になるかな?

Source: ZDNet

    あわせて読みたい

    powered by