2019年のiPhoneはもっと薄軽に? 新型有機ELを採用するかも

  • 22,398

  • author 塚本直樹
2019年のiPhoneはもっと薄軽に? 新型有機ELを採用するかも
Image: Hadrian/Shutterstock

最近のiPhoneはチョイ分厚いですよね。

iPhone Xから採用された「有機ELディスプレイ」。軽く薄くコントラストも高いのが利点のこのディスプレイですが、どうも2019年の新型iPhone新型有機ELディスプレイの採用により薄型化と軽量化が実現されるかもしれないのです。

一体型パーツでより薄く

韓国語ニュースサイトのetnewsによれば、この新型iPhoneにはSamsung(サムスン)の「Y-OCTA」と呼ばれる、タッチセンサを一体化したフレキシブル有機ELディスプレイが採用されるとのこと。Samsungはすでに技術開発に成功しており、Apple(アップル)からの受注も獲得していると報じられています。

有機ELディスプレイや液晶ディスプレイでは多くの場合、タッチセンサーを別途追加することでタッチ操作を可能にしています。しかしこれが一体化されれば、ディスプレイパーツが薄型化されるだけでなく、「コスト低減」にも貢献することが予測されるのです。

ハイエンド機に搭載…?

なお、Samsungは「iPhone X」だけでなく、現時点では「iPhone XS/XS Max」でも有機ELディスプレイを独占供給していることが伝えられています。そしてこのタッチセンサー一体型有機ELディスプレイは、2019年の新型iPhoneの1機種にのみ採用されることが予測されているそうです。

思えば、ここ最近のiPhoneはガラスパーツの採用などにより、徐々に本体厚が増してきているのも事実。そろそろ新技術の採用により、より薄くて軽い新型iPhoneを見てみたいですよね。

Source:etnews via 9to5Mac

    あわせて読みたい

    powered by