「今年のiPhone、難しかったよね…」2018年、iPhone2台以上買った人の会!

  • 41,090

  • author 小暮ひさのり
「今年のiPhone、難しかったよね…」2018年、iPhone2台以上買った人の会!
Photo: ギズモード・ジャパン

難問に向き合った人々の声をお届けします。

普通iPhoneって複数台買うものじゃないと思うんです。でも、そうさせてしまうくらいの悩ましさがあったのは事実です。

今年のiPhoneは、iPhone XS/iPhoneXS Max/iPhone XRという3ラインナップ。順当進化のXSか、サイズが上がったXS Maxか、それともカジュアルでカラバリの楽しいXRか。

今回のiPhone選びは本当に難しかったですよね。みなさんも悩んでいた、もしくは未だに悩んでいる人も居るんじゃないかな。そこで、年末の締めくくりとして、編集部・ライターからiPhoneを複数台買った人たちを集めて、今年のiPhoneについて語ってもらいました。

まずは参加者が買った(買ってしまった?)iPhoneたちを紹介しますね。

照沼:ライター・カメラマン

購入したiPhone:iPhone XS、XS Max

今使っているiPhone:iPhone X

最後の最後まで、どっちを買おうか決めかねて。結局、両方買いました。どっちかだけ手元に残そうと考えて、比較のためにも両方!ですね。でも結局iPhone Xに戻しました。

鈴木:ギズモード編集長

購入したiPhone:全部(iPhone XS/XS Max/XR)

今使っているiPhone:iPhone XS

iPhone XS Maxを買って、その後XRを買って…。でも結局iPhone XRは使わなかったし、箱も開けなかったかな。僕の場合先行レビューで使っててモノは見ていたので、自分のが来た段階で「ああ、この子は里に返そう…」と思って、返したんだよね。ちなみに帰っていったXRは白。今使ってるのはiPhone XS。

山本:ギズモード編集部 Apple製品担当(と、この記事のライター小暮が勝手にイジっている。ほんとうはそんな担当ない)

購入したiPhone:iPhone XS Max、iPhone XR

今使っているiPhone:iPhone XR

一番安いiPhone XS Maxの64GBモデルを買ってたんですけど、その後にiPhone XRのブルーを買いましたね。

ぶっちゃけなんでみんな、複数台買ってるの?

山本:照沼さんがiPhone XS Maxのハンズオンでも言ってましたけど、今年ってとくに難しかった年だなぁと思うんですよね。でも照沼さん、なんで今iPhone Xに戻しちゃったんですか?

・ライター・カメラマン/照沼の場合

照沼:僕は大画面になんとなく憧れはありつつも、どちらかというと小型のガジェットに魅力を感じるタイプなんで、XSとXS Maxを比べてみて、これはXSかなぁと思ったんですけど…。

「ぶっちゃけXと変わんないな!」と。カメラが違うのは確かにわかるんだけど、ちょうどその頃、RICOH(リコー)のコンデジ「GR II」が値下がりしてたから買っちゃって。自分のなかで、スマホカメラの重要度が下がっちゃったんですよね。だったら来月出るであろうiPad Proのほうがいいのでは?となって、結局全部なかったことにして、iPhone Xに戻して、iPad Proを買いました

山本:iPhone XSの容量大きいやつ買うならiPad Pro買えちゃいますもんね…。じゃあ、鈴木さんはなんでiPhone XSに落ち着いたんですか?

・ギズモード編集長/鈴木の場合

鈴木:僕はやっぱXS Maxは大きかった。片手で使いたい人なので、XSでもちょっと大きいけど慣れでカバーできるところはある。でも、XS Maxは無理だったんだよね。

山本:片手使いしたいというと、iPhone SEくらいがちょうどいいんですか?

鈴木:いやー。SEで!というわけじゃないけど。でも、やっぱりXSサイズはちょっと大きいかな? 画面サイズがそれなりに効率よく入っているから、こういうものか。という割り切りに至っているかんじ。

照沼:でも、最初鈴木さんがiPhone XS Maxにしたのは、やっぱり変わった感が欲しかったからですか?

鈴木:僕は発表会で触れたから、みんなよりもアドバンテージがあったというのもあるんだけど、そのときのインパクトはポジティブだったんだよね。原稿には「さすがにこれはでかすぎる」的なことは書いてるんだけどね。

照沼:読みました(笑)。そこがあるから鈴木さんはMaxに関してはネガな感じなのかな?と思いましたけど。

鈴木:そう、そのデカさはかなりネガで、ふつう発表会の記事って興奮しててポジティブなことを書きまくるんだけど、その段階でいやこのデカさは無理だろう。という感じで…。だけどXS Maxで見る動画とかは一線を超えた感を得たんだよね。僕は普段iPhoneで動画とかはあんまり見ないんだけど、ひょっとしたらこれなら見るかもしれない!という興味があったんだよね。

あと、Appleマニアとしては「AppleがこれをiPhoneと定義した」というのは体験しておかないとわからない。そんな特殊な事情で最初はXS Maxを買って、箱を開けて…。うん、デカイ。と。1日でXにもどして、うんX最高だわ!とずっとXを使ってた。

山本:でも今iPhone XSですよね?

鈴木:そう、その経緯を話すと、XS Maxは箱に戻したあと、これまで使っていたXを日常的に使ってたんだよね。ただ、今年はXRが面白いiPhoneだと思ったから、XRを待とうという思いがあって。僕、iPhoneは白が好きなんだけど、XRの白がすごく魅力的で(iPhone XSは「シルバー」だけど、iPhone XRは「ホワイト」)。だから、XRが出るまではXを使ってたんだけど…。いざXRを先行レビューで使ってみたら「でかいわこれ…」感があったんだよね

あとディスプレイの質がね。横に並べちゃうとXシリーズの有機EL(Super Retina)とXRの液晶(Liquid Retina)の違いがわかっちゃう。その違いを体験しちゃったがために、「僕の今年のベストチョイスはXSだ!」となって、今iPhone XSのゴールド。今幸せ。

山本:いちばん遠回りしましたね!

・ギズモード編集部/山本の場合

鈴木:で、山本くんは?

山本:僕も最初はiPhone XS Maxを使ってて、今はiPhone XRなんですが、前に使ってたXがまだ家にあるんですよね。家に帰ったときのスマホのほうがベゼルも本体も薄いし、高性能に見えるという不思議な現象が起こっていて…。これはよくない。と。会社に持ってくるのもXにしようかなとずっと悩んでいます(笑)。

鈴木:XS Maxの大きさはだめだった?

山本:そうですね…。変なAppleファン的な話になっちゃいますけど、選んだときは、「AppleがMaxと言い切ったiPhoneを使っておかないとだめだろう!」という自分の中での宿題があったんです。ランドスケープのUIも見たかったですし、スピーカー性能も知りたかったんですよね。あと僕、iPhone 7にしたときにすごくスピーカーがよくなったと思ったんですよね。その感動がもう一回あるのかなと思って買ったんですけど…。でも、デカすぎることがネックになっちゃって、僕もすぐに売っちゃいました。

鈴木:XRの使い勝手はどう?

山本:XRもXRで使いづらいなというところはあります。最初は色が好きでブルーを選んだんですけど、一カ月くらい経ってやっぱりXSを買っておけばよかった!という思いが…。だってX使っている人からしたら、XSって選び辛いじゃないですか! すでにXを使っている人からすると、XSのあの差が…難しくて。

だから僕に必要だったのは、あのiPhone XS Maxを買ったときに、iPhone XSも買っておく勇気だったんです。今年の後悔はホントにそこですね…。

照沼:iPhone XS Maxは僕も二人みたいに触っておかなきゃ。という使命感があったんですけど、確かに他にもなにか変わるかもしれない。という期待感があったんですよね。あとランドスケープにしたときにiPhone Plusシリーズにあったギミックがないですよね。もうちょい横になってたような…。そこが気になったんです。

小暮(ライター・この原稿担当):みんなから僕が愛用しているMaxがdisられてて、新しい恋人を貶されているような感覚なんだけどさ、Maxいいよ、Max!

山本:小暮さんはMaxがいいってずっと言ってますよね。じゃあぜひ魅力を語ってください!

デカさこそ。iPhone XS Maxを選んだモノの弁

小暮:僕から言わせれば、iPhone XSも結局片手で使えないと思うんだよね。キーボードの端っこに指届かせるのは持ち直さないといけないし、画面の上のほうまで触るのも無理。それができるのはSEまでだと思ってる。

僕それまでずっとPlusシリーズを使ってたんだけど、iPhone Xが出たときに、「これ片手でいけるよね」ってみんな話してたんだけど、結局僕はそんな理由で両手で使ってたんだ。指届かないし、わざわざ画面下げるなら両手を使う。だったらMaxでも違和感ないよね! ってさ。

あと、僕寝るときに動画をよく観るんだけど、そのときはやっぱりiPhone Xだとこじんまりしちゃってさ。画面サイズはPlusと同等ってなってるんだけど、比率の問題でちょっとXのほうが小さく感じた。そんななかiPhone XS Maxが発表されて、予約して、買って、Maaaaax幸せ。それまで親しんできたPlusシリーズの良さとXの良さが入り混じって最強に見える

山本:持ち運ぶときとかこの大きさストレスになりませんか?

小暮:僕の場合、iPhoneをポケットに入れるという文化がなくなって久しいんだよね。出かけるときはいつもサイドポーチやバッグの中に入れちゃう。なのでこの際小ささは関係なくて、単純にビューワーとして、情報を取り出す窓として大きいほうが僕が正解だとおもってるかな。

なので、iPhone XSがいいかXS Maxがいいかは、多分ライフスタイル次第だと思う。自分の使い方にあったのを選べば幸せになれると思うし、どっちが勝っているとかいう勝負ではないと思うんだよね。

照沼:そうすると、小暮さんはあまりスマホ中毒的なものじゃない? なんか事あるごとに見ちゃうみたいな。

小暮:うむ。私にその暇はない。というか僕のライフスタイルだと、Macの前に居ることのほうが多いね。あと、ご飯食べているときに動画とか見るときには、iPhoneじゃなくてiPadなりKindleなりになるし。家の中のそれぞれの場所で、適したデバイスがあって、Appleが提案している製品の使い分けを地で行ってる感じ。だから、これ(iPhone)は別にAlwaysな相棒じゃなくてもいいんだ。僕が遊びたいときに遊んでくれる、息の合うかわいい子。みたいなやつ。

山本くんは編集長のiPhoneの使い方に幻想を抱いている

山本:僕思うんですけど、鈴木さんがよく外でバッグ開かずiPhoneだけで仕事しているのって、すごくかっこいいなって思うんです。

鈴木:それ、幻想をぶち壊すようで悪いんだけど、僕外でiPhoneで仕事はしていない!

山本:なんかでも、鈴木さんは外でMac開かないですよね。僕、なにかあるとすぐにMac開いちゃうんです。そのほうが仕事がしやすいなと思うんですけど、そこでMacやiPhone XS Max使っているよりも、iPhone XSを使っているほうがスマートっぽいなと。勝手な印象でしかないですけど、ライフスタイルがかっこいいなと。

鈴木:細かなところでいうと、僕は業務的な違いがあるよね。僕は編集長という仕事柄、見て確認するという仕事が多い。だからiPhoneだけで済んでるというところはあるよね。でも、しっかり読むべき原稿はiPhoneでは読まないし、オフィスに戻ってきた段階とかどこかカフェに入って、iPadでしっかり精読してフィードバックをしてといったスタイルだね。山本くんが良いと感じるのは、そういったスタイルの違いかも。

iPhone XRの良いところもありました?

山本:僕、iPhone XR買った理由がまだありました。XRってアルミじゃないですか。iPhone X使ってたときに、ケースなしで使ってたんですけど、側面のステンレスフレームがめっちゃ傷ついたんですよ。10万円出したのにこんなに傷ついてなんやねん!と、思っちゃって…。シルバーはとくに擦り傷が目立つんですよね。その点、XRはアルミフレームなので、傷つかなくていいですね

全員:(おっ、XRのいいとこ自慢始まる?)。

山本:で、電車とかでiPhone XS使っている人を見るじゃないですか、そうすると、側面光っているのいいなぁって思ってきて、やっぱりアルミって若干チープだなって思い直しちゃいました。あと、ブルーはすぐに飽きました。

全員(始まらなかった!)

山本:でも、色を選び直すならホワイトかブラックがいいなと思いました。ブラックは一体感がありますよね。

小暮:iPhone XRは廉価版じゃないっていう売り方だけど、よ〜く見るとやっぱり妥協が見えるよね。厚みもあるし、Lightningの位置も実はセンターからずれてるし。3D Touchも付いてないけど、液晶が厚いってのがちょっと…ね。

山本:そうですね。でも技術的には今回一番XRがすごいと思ってます。有機ELじゃなくて、液晶でこのディスプレイを実現したのは、Appleだからこそ為せる技感がありません? この狭額液晶ディスプレイはもともとジャパンディスプレイ(JDI)が特許を取っていて、Appleがそれを買い取って、無理を言って製品化したという噂があるんです。そこはやっぱりサプライヤーに顔が利くAppleしかできないところなんじゃないかなって。

シングルカメラでボケを作るってのも、Neural Engineチップを使った良い例だなと思いましたね。だから、技術的にはこいつが一番優れているように感じています。

そんなみんなは来年のiPhoneは買うの?

山本:照沼さんはiPhone Xに戻って、結果的に今回のモデルをスキップしたわけですけど、来年のiPhoneは買いますか? 三眼カメラじゃないですか、多分。

鈴木:もうあるの? そんな情報が?

山本:いや、多分です。

鈴木:山本びっくり予想だね。

照沼:でも、来年は買うと思いますよ僕は。今年スキップしてますし。

山本:ホームファクターが全く一緒だったらそうだと思いますが、大きくなったら買いません?

照沼:いやぁ、iPhone Xを2年使うことになるので、2年使ったら何かしらには変えようかなと思ってますね。大きくなっても、そこはもう…そういう時代だと思って。

山本:鈴木さんは、やっぱりとりあえず飛びつきます?

鈴木:今の気持ちとしては…そんなに…かなぁ。

山本:ここ最近はiPhone熱は盛り上がってきてない感じですか?

鈴木:iPhone Xのときは10周年の盛り上がりがあって、どんなものなのか見たかったし知りたかったってのがあるんだけど、昔ってもっと手放しで「すべてが欲しい!」という衝動だったんだよね。もちろん今も、欲しさはあっていろいろな角度から眺めたりもするんだけど、「うん、見たことある。色はちがうけど」みたいな…ね。

でも僕はiPhoneが嫌いになったというわけじゃなくて、iPhoneがインフラになったといえばそれまでなんだけど、ワクワクしておもちゃを買いに行くという感覚じゃなくなったんだよね。iPhoneという完成した何かという存在へ上がった感じ。

たとえば、記事タイトルとかで「iPhoneの新型」よりも「iPhoneの新作」のほうが僕はしっくりくるんだよね。これは別にハードウェエアエンジニアリング的な工業製品という側面だけじゃなくて、ファッションと同じ、今年の新作はどうなんだろう?という概念になっていると思うんだ。

山本が抱える狂気。そして彼の心を救う手段

山本:やっぱ、今年はiPhone XSが正解だなと思いました。いままで、iPhone 7シリーズやiPhone 8を使っていたなら間違いなく、iPhone XSを選ぶべきだと思うんですよね。

鈴木:iPhone XRの選択肢はない?

山本:ないですね。合格点ではあるんですけど、やっぱりどこか気になる点があるんですよね。日常的に使うものなので、ひとつ気になる点があるとずっと気になっちゃって…。あと、やっぱり同じノッチディスプレイだから余計に比べてしまう。iPhone 8のように全く違うものであれば、コスパ的にそちらを選ぶというのもアリだと思うんですけどね。

照沼:XSとXRは中途半場に同じだから、そこで比べてしまって悩むんですよね。

山本:そうですね。今年は難しかったですね、本当に…。iPhone XR持っている今でも悩んでいます。なんていうか、現在選べるiPhoneの中に「iPhone XS」という選択肢があるのになぁ。と思っちゃうんですよね。時期やメンタルによっては本当に買いそうになるくらいで…。

照沼:それほどですか!? でもiPhone Xもあるんですよね。X使えばいいのでは?

山本:いやぁ〜、嫌なんですよね。iPhone XSがあるのにXで落ち着いてしまうの。僕、電車のなかで他のひとが使っているiPhone、めっちゃ気になるんですよ…。おなじように外から見られて「あー、XSじゃなくてXなんだ」って思われたらショックじゃないですか!?

全員わかんないよそんなこと! 誰も見分けつかないよ!

照沼:iPhone XかiPhone XSかなんてわからなくないですか?

小暮:それがわかるんだよこいつ…(ボソッ)。

照沼うわ、ほんとですか?(ドン引き)。

山本:いや、流石にシルバーとスペースグレイはわかりませんけど、ゴールドだとさすがにひと目でわかりますよね。すごく人のiPhone見ちゃって、羨ましいなぁ〜って。ずっと見ちゃうんですよね…。

照沼:いや、やばいですね。最後の最後に狂気がでてきましたね。

小暮:それ重度なAppleコンプレックスだね! 山本くんくらいだよ!

山本:気持ちの問題…ですかねぇ。

小暮:うん、きもちわるい! それ合コンとかでそんな発言するとけちょんけちょんに言われるよ。

山本:なるべくその気持ち悪さを出さずに生活してはいるんですけどね。

小暮:狂気を隠して一般人のふりをしようとしているのか…。

山本:なるべく。たまに出ちゃいますけど。

小暮:わかった。じゃあ、年内にiPhone XRと自宅のiPhone Xをメルカリに出して、iPhone XSを買おうそれで解決だよ。

山本:そうですね…。うーん。うーーーん…。


というわけで、今年iPhoneを複数台買った人たちによる座談会でした。

三者三様の思いがあり、みんなが悩んでiPhoneを触っていたのがよくわかりますね。そして、最後の最後で山本くんの狂気が炸裂して、その場にいる人全員がドン引きしていました。

それでは、年明けに「iPhone XSを買いました!」というハイテンションな山本くんの記事が出るかもしれないので、楽しみにお待ち下さい。

あわせて読みたい

powered by