LOVOT、ついにお披露目!

  • 54,665

  • author 山本勇磨
LOVOT、ついにお披露目!
Photo: ヤマダユウス型

家庭型ロボット「LOVOT」の姿がついに明らかになりました! 本日18日10時より、GROOVE Xは都内にてLOVOTの発表会を開催しています。YouTubeでもライブ中継中です。

LOVOTは、ソフトバンクのPepperを開発した林要さんが2015年に立ち上げた、GROOVE X(グルーヴX)による初のプロダクト。

「人の代わりに仕事をする便利なロボットではありません」という強烈な予告がされていたLOVOTは、LOVEとROBOTを掛け合わせた造語が由来になっています。人のメンタル面にはたらきかける、これまでのロボットの文脈とは少し異なった期待のプロダクトです。

DSCF6141
Photo: ヤマダユウス型
お父さんである林さんをみつめるLOVOT

心に触れ合うロボットとは?

LOVOTのツノのように飛び出た頭には、半天球のRGBカメラを搭載しており、ユーザーを認識。また、ほぼ全身にタッチセンサーを搭載しており、人によって興味を示したり示さなかったりします。触れ合ったときの感触などから、LOVOTが個人に対して「興味」と「不安」「興奮」の軸で評価し、デレデレなのか、ツンツンな反応なのか決まるわけです(メンタルの話ながら超ロジカルな説明会なのも良き)。

実際の動き

発表会では、LOVOTが2体登場。手をぴょこぴょこさせて動き回ります。林さんがLOVOTを呼びかけて持ち上げる様子、ちっさい赤ん坊に接するようで超微笑ましい…。そして抱え上げると、LOVOTは飼い主のほうを見上げるように目をキョロキョロさせて愛らしいです。

DSCF6152
Photo: ヤマダユウス型

体はふわふわしており、人肌くらいの暖かさ(30度〜40度)を感じるそう。また、目にはアイディスプレイが搭載されています。リアルさを追求して多層の構造になっており、表示する目はたくさんのパターンがあります。

価格・発売日

LOVOTは12月18日19時から予約受付がスタート。2019年秋冬に初回出荷が始まります。まずはじめは、2体セットで販売。1体は2020年中に出荷予定です。2体セットは59万8000円、1体は34万9000円(すべて税抜、予定価格)。月額費用は9,980円から。

2体から販売する理由は、2体が連携するから。ペットを多頭飼いするようにLOVOTは社交性も持ちます。

実際にLOVOTと触れ合った様子はこちらをどうぞ

LOVOTと戯れた。テクノロジーで生まれた虚しさを、テクノロジーで埋める「便利じゃないロボット」

未来の幸せを、テックが切り開く。2018年12月18日(火)、林要さん率いるロボットテクノロジー企業GROOVE Xが、家族型ロボットを謳う「LO...

https://www.gizmodo.jp/2018/12/lovot-hands-on.html

Source: GROOVE X