アイディアの泉トランプ大統領「メキシコ国境の壁だけど、尖った鉄の棒でよくない?」

  • 14,567

アイディアの泉トランプ大統領「メキシコ国境の壁だけど、尖った鉄の棒でよくない?」
Screenshot: Twitter

トランプ大統領といえば、Twitter。トランプ大統領といえば、メキシコ国境に壁作る宣言。

アメリカでクリスマスムードが最高潮に盛り上がる直前、トランプ大統領がこんなツイートをしていました。

「鉄製のバリア板のデザイン。十分効果はあるし、見た目にも美しい!」

どうやら、トランプ大統領は、壁じゃなくて、槍のような鉄製の棒をたーくさん立てるという作戦を考えているようです。棒と棒の間をすり抜けられないような感覚で、飛び越えられないような高さで、登ってもお尻が刺さっちゃうような尖った先端デザインの棒フェンス。トランプ大統領は、これはイケる!と自信がある様子。

壁のアイディアについて、トランプ大統領は、今までにもさんざん語ってきました。たとえば、ソーラーパネルつけるとか、シースルーにするとか、高さ16メートルはいるとか。トランプ大統領はアイディアの泉です。

その一方で、すでにテストしている試作品はダメダメだったり…。今回の鉄棒フェンスは、たくさんあるアイディアの中でも比較的良さげな気もします。が、米メディアのCNBCは、ここ1年間で鉄製品の価格が25%上昇していることを指摘し、必要な鉄棒フェンスがいくらになるのかとコスト面で実現は懐疑的。ちなみに、鉄製品の価格上昇は、3月からトランプ政権が実施している、米国外で生産された鉄製品の輸入関税に関する政策の影響なので、自分で自分の首をしめているようなもの。

メキシコ国境の壁について、米国土安全保障省は建築予算をまだ算出できていないようですが、一部の予想では700億ドルになるとも言われています。米議会から57億ドルのプロジェクト予算承認がおりなければ、そもそも、どうにもならないのですが。

どうしても壁を作りたいトランプ大統領のアイディアの泉は、まだ枯れそうにありませんね。壁関連のスタートアップでも始めそうな勢いです。

    あわせて読みたい

    powered by