モンタナ州発:「ビッグフットだと思った」と言って人々を銃撃するガンマンが出現中

  • 7,907

  • author Jennings Brown - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
モンタナ州発:「ビッグフットだと思った」と言って人々を銃撃するガンマンが出現中
Image: Gary W. Jones/Shutterstock.com

いやいや、ビッグフットなら撃ち殺しても良いの?

モンタナ州のある男性が銃撃に遭い、危うく被弾するところだった……というアメリカらしい出来事が起こりました。ですがこの銃撃犯は、被害者を「ビッグフットだと思い間違えて撃った」と主張しているというのです。

Idaho Statesmanの報告では、州都ヘレナの住人が「日曜日、誰かが男性に対して射撃し始めたとき、彼は公共の土地で標的を撃つ準備をしていた」と警察に話したとあります。

地元のルイス・アンド・クラーク郡のレオ・ダットン保安官は、報道にこう話しています。

銃弾は男性からおよそ90cmの位置を通過していきました。そして銃砲が轟いたあと、被害者の男性は銃撃犯に近付いたんです

そして黒いフォードのピックアップ「F-150」に乗った犯人は、男性にこう言ったのです。

アンタをビッグフットだと思ったんだよ。オレは標的を狙わないんだ。でもビッグフットに似たものを見たら、それを撃つのみさ。

被害者男性は「自分はビッグフットではない」と告げ、犯人は「じゃー何かオレンジ色の服でも着な」と返されたのだそうな。

以前にも同じ事件が

ダットン保安官は、「(動機の)信憑性についていくつか疑問がある」と考えています。何故ならこのニュースのあとには、とある女性も似た経験があると名乗り出てきたからなのです。彼女も黒の「F-150」の男に撃たれたものの、ビッグフットについては何も言われなかったと話したのです。

我々はこの犯人を見つけようと努力しています。彼がビッグフットだと思ったものなら、何を撃っても良いと考えていることに、非常に大きな懸念があるのです。

米Gizmodoはヘレナの保安官事務所に質問を送ってみましたが、返答はないままです。

科学のために狩る人たち

未確認動物のコミュニティーには、ビッグフットを殺しても良いかどうか倫理的な意見の対立があります。

ガルフ海岸ビッグフット研究機構(GCBRO)の共同創設者にして、リアリティー・ショウ『KILLING BIGFOOT』の出演者ジム・ランズデールは、以前米Gizmodoに対して「身体を収穫し、科学的に解明するのが目的だ」と話してくれたことがありました。そして「どのように仕留めるのか?」への答えは「大型ライフル」でした。ちなみに彼はモンタナの人間ではないので、銃撃犯ではありません。


ビッグフットはロッキー山脈にいるものとされ、ヘレナもその近くにあります。ですが街中のたかが知れた距離で、毛むくじゃらの巨獣と人間を見間違うことなんてあるのでしょうか?

それに今のところ被害者はふたりですが、どちらも被弾していないようです。狙撃センスがないのか? はたまたわざと外して喜んでいるだけなのか? いろいろと疑問がありますね。

Source: Idaho Statesman, KILLING BIGFOOT

    あわせて読みたい

    powered by