ソニー、ロスレス圧縮の音楽サブスク「mora qualitas」がやって来ます

  • 6,381

  • author ヤマダユウス型
ソニー、ロスレス圧縮の音楽サブスク「mora qualitas」がやって来ます
Image: Sony Music Group Corporate Site

来たか……(ガタッ)!

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が、シアトルのRhapsody International Inc,と提携し、ついにハイレゾ音源のストリーミングサービスを始めます。その名は「mora qualitas(モーラ クオリタス)」。

提供される音質は24bit/44.1~96kHzのハイレゾ音源と、16bit/44.1kHzのCD音源。mp3なんて可愛らしいものはなく、配信形式はLosslessストリーミングで、ファイルフォーマットは可逆圧縮で劣化なしの「FLAC」で統一となるみたいです。提供楽曲数は未定。

気になる価格は月額1,980円。Netflixのプレミアムプランの上をゆく強気設定ですが、Spotifyのプレミアムプランが月額980円で最高320kbpsなんですよね。体験差を考えれば妥当なのか、なかなか判断しづらいところ。でも、一度良い音を知ってしまったら引き返せないって話は稀によくあるのも事実。

mora qualitasは、まずはPCでの提供を予定しており、高速通信が期待される5Gの実用化をめどにスマホ展開をしていくとのこと。この動き面白いなーと思って。5G通信になって何がどう変わるのかって話をしたとき、通話や動画の質が良くなるのは思いつくけど、ハイレゾをストリーミングできるって言われたらかなりドキっときません?

サービス開始時期は、2019年春頃。ハイレゾ特需でヘッドホンやアンプが注目されるかもしれませんね。スマートスピーカーでの再生もいずれ実現しそう。

Source: Sony Music Group Corporate Site

    あわせて読みたい

    powered by