Netflixで『攻殻機動隊』の最新作が2020年配信決定! SACの続編っぽい?

  • 15,807

  • author 傭兵ペンギン
Netflixで『攻殻機動隊』の最新作が2020年配信決定! SACの続編っぽい?
Image: Netflix

いまから待ち遠しい。

実写版『カウボーイビバップ』でも大きく話題をさらったNetflixが、新たなオリジナルアニメとして『攻殻機動隊』シリーズ最新作であり『攻殻機動隊 SAC_2045』を発表しました。

それに合わせて今作での主人公「草薙素子」のビジュアルも公開。かつてのシリーズでメスゴリラと呼ばれたりもしましたが、この画像だけを見る限り、今までと比べてだいぶ柔らかい印象。とは言え多分、人格はまったくそんなことないんでしょうが……!

L:KenjiKamiyama_R:ShinjiAramaki
Image: Netflix
左:神山健治、右:荒牧伸志

監督を務めるのは、『攻殻機動隊 STANDALONE COMPLEX』シリーズでも知られる神山健治監督と、3DCGアニメ映画『APPLESEED』シリーズでおなじみ荒牧伸志監督

士郎正宗原作の作品が得意なお二人ですが、実は同じくNetflixのアニメ版『ブレードランナー』や3DCGアニメ『ULTRAMAN』も担当することになっているという超大忙しなスケジュール。大作が続いていて凄い。

制作は過去シリーズを手がけてきたProduction I.Gに加えて、『スターシップ・トゥルーパーズ:インベイジョン』などの3DCG映画で知られるSOLA DIGITAL ARTS。こちらも『ブレードランナー』、『ULTRAMAN』と同じ組み合わせ。というわけで、今作はシリーズとしては初となる完全3DCGのアニメとなります。

気になるストーリーなどの情報は今の所未定。しかし、タイトルにSACとついていて、年号らしい2045という数字が続いている辺り、やはり神山健治監督の『攻殻機動隊 STANDALONE COMPLEX(SAC)』シリーズの直接的な続編になるのではないでしょうか。

そんな『攻殻機動隊 SAC_2045』はNetflixで2020年全世界独占配信予定!

Source: Netflix

あわせて読みたい

powered by