ニューヨークの世界最大級のカウントダウンイベントの警備にドローン投入

ニューヨークの世界最大級のカウントダウンイベントの警備にドローン投入
Photo: John Minchillo (AP)

ニューヨークのカウントダウンイベントの警備はドローンで万全に。

大晦日のニューヨークには、「ボールドロップ」を見るために、毎年約100万人が、タイムズスクエアに集まります

1904年から続いてる世界最大級のカウントダウンイベント「ボールドロップ(New Year's Eve Ball Drop)」は、タイムズスクエアに設置されたボールが年越しカウントダウンに合わせて落ちてくる様子をみんなで祝うもの。

今年は初めて、セキュリティ対策の一環でドローンを導入することになりました。1225台のポータブルカメラと固定カメラも併用した「カウンタードローンテクノロジー」で、主にテロ対策強化を目的にしています。

カウンタードローンテクノロジーとは、テロのような違法な目的で利用されるドローンから人や施設を守るために怪しいドローンを発見、かつ無害化するテクノロジーのことです。情報セキュリティとテロ対策の長官であるジョン・ミラー氏によると「監視用にニューヨーク市警察のドローンも飛ばす。これまでドローンを用いたことはなかったが、視覚監視と、カメラをすばやく特定の場所に移動させる柔軟性を実現することができる」と語っています。

米紙ニューヨーク・ポストによれば、ドローンのうち少なくても1台は「攻撃可能性を減らすために、ビルの最上部に配置されるそうで、NBCニュースによれば、この措置は万が一の誤作動の場合に地上の人々を守るためにも有効であると報じています。

また、ジェームス・P・オニール警察署長は、大晦日に何千人ものニューヨーク市警察職員が勤務し「制服着用、または覆面なしの私服職員から10フィート以上離れる」ことがないとのこと。

オニール氏は、今年の安全保障措置について声明の中で「ニューヨークの一大イベントのセキュリティを向上させるために日々努力している。FBI、ニューヨーク州警察、MTA警察、その他多くの警察当局のパートナーと協力し、1年を通して準備を行ってきた。我々だけでは、なし得ないことだ」と語っています。また、ヘリコプター、ブロック用車、爆弾探索犬もセキュリティ強化の一部になるそう。

ニューヨークのタイムズスクエアのド派手なカウントダウンイベントの裏で、ドローンと警察の厳重な監視体制が敷かれています。空を見上げればドローン、横を向けば警察官という状況の中、大勢の人々がカウントダウンを楽しむニューヨーク。地球は間もなく新しい年が始まります。

    あわせて読みたい

    powered by