68歳という世界最高齢のコアホウドリ、今年も産卵!

  • 6,736

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
68歳という世界最高齢のコアホウドリ、今年も産卵!
Image: USFWS

日本語名なら知恵さんですね。

世界でもっとも高齢の野鳥という、コアホウドリウィズダム(Wisdom)さん。彼女は今年もまた繁殖地に舞い戻り、新たな卵を産みました。

彼女は少なく見積もっても68歳なのですが、見た目はとても若く6歳くらいの美貌を保っています。

最初の出会いと奇跡の再会

コアホウドリは北太平洋で発見された海鳥で、ハワイ北西部の島にある巨大な繁殖地で繁殖をしています。そして科学者たちは、鳥を追跡して個体群を監視するため捕獲し、野鳥にIDとなるバンドを巻きます。

ウィズダムさんの話は、生物学者のチャンドラー・ロビンズ氏が1956年に海軍兵舎の近くで捕まえたことから始まりました。当時彼女はもうに大人だったので、この時点で少なくとも6歳。

合衆国魚類野生生物局のTumblrによると、彼女はその年にいた8,400羽の野生コアホウドリの中の1羽であり、ミッドウェイ島で繁殖する数百万のコアホウドリのうちの1羽でした。

そして46年後、ロビンズ氏が巣穴を調査しているときに遭遇したコアホウドリの識別番号を見たら、それがウィズダムさんだったのです。

ちなみに2017年の写真がこちら。脚に識別番号が巻かれているのがわかりますね。

181207_oldestbird2
Image: USFWS

このときも雛鳥の育成に成功していましたが、今年もまた産卵のために戻ってきたのです。

再会はコアホウドリの習性のおかげ

彼女らは大規模な繁殖地で繁殖し、毎年生まれた場所に戻ってきます。

ミッドウェイ島はふたつの島で構成されており、そこに120万羽のアホウドリを含む300万羽の海鳥が巣を作っています。彼らは大人になる直前の5歳くらいで伴侶を探し、結ばれると1年にひとつ産卵して、1羽のヒナを育てるのです。

ではカウアイ島にて撮影された、コアホウドリが求婚の舞を踊る様子をどうぞ。

Video: Jean M. Matuska/YouTube

鳥の楽園で育まれる愛

合衆国魚類野生生物局の生物学者、ベス・フリント氏は、Tumblrでこうコメントしています。

繁殖時期のミッドウェイ島では、息を呑むような経験をします。足の踏み場もないほど、地面のほとんどが繁殖する鳥たちに埋め尽くされているのです。まるで別世界のようですよ

ウィズダムさんは、11月29日に元の巣に現れ、つい最近卵を産みました。夫のアケアカマイ(Akeakamai=ハワイ語で“知恵の探求者”)とは2006年、彼女が56歳のときに出逢い、去年もここで共に産卵しています。老いてますますお盛んですね。

181207_oldestbird3
Image: USFWS

彼女の長寿のためにもゴミ捨てキッチリね

多くの動物と同様、コアホウドリの生命は人間の活動によって脅かされています。彼らの食生活は、主に水面に浮かぶものを摂取しているため、プラスチック片を食べてしまうことも良くあるんです。ほかに侵略的なネズミが鳥を攻撃することが確認されていて、その個体数は20世紀初頭の狩猟から回復してきているそうです。

ウィズダムさんはそういった被害に遭っていないのか、実年齢よりかなりお元気で、動物のタフさの象徴として生き続けています。今後も末永く健康で、69歳のお誕生日を迎えられると良いですね。

Source: YouTube, USFWS Tumblr

あわせて読みたい

powered by