アメリカにベーコン自販機が爆誕。色々気になるからメールで質問してみた

  • 17,048

  • author Adam Clark Estes - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
アメリカにベーコン自販機が爆誕。色々気になるからメールで質問してみた
Photo: Ohio Pork Council

自動販売機大国の日本でも、調理済のベーコンなんて売ってないのに!(ハムはあるけど)

オハイオ州立大学にベーコン自動販売機が設置されたそうです。どこにでもあるわけではなく、College of Food, Agricultural, and Environmental Science(食物、農業、環境科学カレッジ)が入っているアニマル・サイエンス・ビルディング(動物科学棟)の中。1ドルですぐに食べられる状態のベーコンが買えるんですって。それってなんてヘブン

興味津々な米GizmodoがOhio Pork Council(オハイオ・ポーク議会)に質問をぶつけていたみたいですよ。

1. どんな風になっているの?

お金を自動販売機に入れると、すぐに食べられる状態のベーコンが出てきます。

2. 本物のベーコン?

本物です。ベーコンはSugardale Foods社、Hormel Foods社、Hormel Foods社ら提供のものです。

3. ベーコンは調理する必要があるの?

いいえ。ベーコンは調理済なので買ってすぐに食べられます。調理済ベーコンは、サラダやサンドウィッチに入れても抜群に美味しいですし、スナックとしてもイケます。Amazonでも調理済ベーコンがまとめ買いできますよ。

4. 1ドルでどれくらい買えるの?

思っている以上に買えます。12枚入りボックスか、ベーコン片の袋詰が選べます。

5. ベーコン自動販売機の利益はどこに行くの?

Ohio Pork Councilによって設置されましたが、ベーコン自動販売機の利益はすべてオハイオ州立大学ミート・サイエンス・プログラム(肉科学プログラム)にいきます。

6. 誰がベーコン自動販売機をメンテナンスしているの?

オハイオ州立大学のミートサイエンス・プログラムの学生が補充とメンテナンスを担っています。

7. オハイオ州立大学はどう考えているの?

大学は、当たり前だけど、キャンパス内に追加のベーコン自動販売機を設けようとしています。「ミート・サイエンス・プログラムは、ベーコン自動販売機プロジェクトを通してOhio Pork Councilとパートナーを組んでいることを喜んでいます。」とDepartment of Animal SciencesのLyda G. Garcia准教授は地元ニュースに語っていますね。

※「喜んでいる」は控えめな表現かもしれません。

8. ベーコン自動販売機は永続的に置かれるの?

ベーコン自動販売機はオハイオ州立大学に一時的に設置されています。マシンは12月13日まで置かれる予定ですが、将来的にベーコン自動販売機がどうなるかは未定です。今後は出てこないかもしれないし、復活するかもしれません。

9. なぜベーコン自動販売機?

むしろ何故今までなかったのでしょう?


アメリカのカリッカリベーコンが食べられる自動販売機が日本にもできたら嬉しいです。アメリカに住んでいた時は、大して好きじゃなかったんですが、アメリカを離れると無性に食べたくなるんですよね。というか、あれがカップに入って食べ歩きできる状態で売られたら普通に食べたい。ビール片手に食べたい。

ポーク業界の方、この記事読んでいたら考えてみません?

    あわせて読みたい

    powered by