ハードウェア系スニーカーの始祖、PUMA「RS-Computer」が86足限定で復刻

  • 5,207

  • author ヤマダユウス型
ハードウェア系スニーカーの始祖、PUMA「RS-Computer」が86足限定で復刻
Image: PUMA

アディダスのマイクロペーサーも80年代でしたね。

今年のPUMAはいろんなモノコラボしてきましたが、これらの復刻版RSシリーズのなかでも特に奇異なモデルがついに登場。スマホと連動するIoTシューズ「RS-Computer Premium」が発売します。

181212rscomputer_02
Image: PUMA

オリジナルとなる「RS-Computer」は1986年生まれ。ヒールにTPUボックスとセンサーを内蔵した超先進的なモデルで、歩数、距離、走行タイム、消費カロリーを計測し、16ピンコードでAPPLE IIEコモドール64(124)、IBM PC COMPUTERと接続してデータを転送していました。この強引さ、80年代ですなぁ。

Video: DeFY New York YouTube Channel/YouTube

2018年風にアップデートされた「RS-Computer Premium」は、ルックスこそクラシックなれど接続にはBluetoothとアプリ「PUMA RS Computer Shoe」を使用。ヒールのTPUボックスからもある程度の操作ができます。

181212rscomputer_03
Image: PUMA


181212rscomputer_04
Image: PUMA

かの時代はハイテクさと見た目の複雑さがイコールでしたけど、テクノロジーが身近になってくるにつれて生活に溶け込むインターフェイスにこなれていきましたね。フラットなハイテクがあふれる現代だからこそ、改めてこのルックスに惹かれるというものです。

181212rscomputer_05
Image: PUMA

世界86足限定で販売され、日本では2018年12月13日(木)にプーマオンラインストアやプーマストア原宿で発売予定。価格は税込8万1000円。選ばれし86人となれるか……!

Source: PAUSE, YouTube

あわせて読みたい

powered by