鳥のごとく。トランスフォームして狭い所を通過できるドローン

  • author 岡本玄介
鳥のごとく。トランスフォームして狭い所を通過できるドローン
Image: ailabRPG/YouTube

災害現場で役立つトランスフォーマーです。

鳥が、翼をたたんで狭いところを通り抜ける姿から着想し、狭い穴などで脚をたたんで通過するドローンが研究されています。

これはチューリッヒ工科大学が作った「The Foldable Drone」。その名のとおり4脚を折り畳んで、細長く変形したり、一回り小さくトランスフォームできるんです。

Video: ailabRPG/YouTube

変形の型は4種類でX字型、T字型、H字型、O型があります。左右非対称に開閉しても普通に飛んでいられるの、すごい。

これなら上下左右、どんな方向へもスルスルっと入っていけますし、脚で挟んで物を運ぶことも可能。2台のカメラで撮影した映像を、視覚慣性センサーと搭載コンピューターのみで分析し、4つの独立したサーボモーターで脚の開閉をしながら、飛行するのです。

最近の自律走行車はGPSやレーダーやライダーが必要不可欠ですが、このドローンには不要というところに、技術の急激な進歩を感じますね。

災害現場の偵察や救助用ロボットはいろいろありますが、高速移動できるドローンは現場の急先鋒になります。それが環境に応じて変形できるとなると、活躍の幅が広がりますね。これを使って障害物競走なんかするのも楽しそうです。

Source: YouTube via ETH Zürich

あわせて読みたい

powered by