静かな暮らしをお約束。 洗濯機の揺れを抑えるスーパー・ダンパー

  • 15,670

  • author 岡本玄介
静かな暮らしをお約束。 洗濯機の揺れを抑えるスーパー・ダンパー
Image: KICKSTARTER

穏やかな洗濯ライフをどうぞ。

毎日のようにお世話になっている洗濯機ですが、皆さんのご自宅の1台はどれほど静かでしょうか? 洗濯機は洗いよりも脱水時に洗濯槽が高速回転するときのほうがうるさいんですよね。洗濯機自体が揺れるのもありますが、振動が床に伝わることで、騒音が増幅されているのでしょう。

そんな大昔から、誰もが抱える洗濯機の騒音問題。ここでやっと手頃に外付けできる解決策が発明されました。それが現在KICKSTARTERで出資金を募っている、「AVC-ウォッシング・マシーン・スーパー・ダンパー」です。

これは3軸の加速度計と、ジャイロスコープを搭載した簡易的ながらも効果的に洗濯機の騒音を抑えてくれる装置。早速デモ映像をチェックしてみましょう。

Video: Giuliano Macripò/YouTube

揺れを抑えるとイイことばかり

KICKSTARTERの説明では、洗濯物が偏っている場合の大きな揺れでも低減が可能で、洗濯機を壊れにくくする効果も生むとあります。そして脱水時の遠心分離に使われる電力を節電し、寿命を延ばす、とも。

このスーパー・ダンパーは電力が必要ですが、洗濯機の全行程が終わったら5分で電源を自動で落とす機能も搭載されています。近々iOSとAndroidでもアプリで操作できるようになるというので、スマート家電へと進化する予定なのもグー。

期待値、高まる

おそらく今の日本では、そこまでうるさい洗濯機はないと思うのですが、やはり外国製品だと多少なりともやかましいのがあるでしょう。そんな人たちが多いのか、およそ128万円の目標額を大きく超えて、執筆時には224名から188万円の出資金が集まっていました。

この調子だとまだまだ伸びそうですし、この商品の登場が、どれほど需要があるのかが推し量れます。今なら45ユーロ(約5,750円)でひとつ、78ユーロ(約9,970円)でふたつ出資できるようになっています。

そういえば昔々、実家に日立の「静御前」という洗濯機がありました。1987年にデビューし、なんと2000年頃まで使っていたのですが、さすがに年季が入ると次第にガッタンゴットン暴れるジャジャ馬へと成長していきました。もしそんな時代にこのダンパーがあったら、どれほど静かに暮らせたことでしょうか……。

Source: YouTube, KICKSTARTER