『君の名は』ハリウッド版、東宝は西洋らしさを求めている

  • 14,061

  • author Beth Elderkin - Gizmodo io9
  • [原文]
  • 岡本玄介
『君の名は』ハリウッド版、東宝は西洋らしさを求めている
Image: Toho

巫女は尼僧になったりして?

『進撃の巨人』『僕のヒーローアカデミア』、それに『マクロス』など、日本で人気を博したコンテンツが続々とハリウッドで実写化されていく中……SF恋愛映画『君の名は』もまたアチラでリメイクされます。

ですが『攻殻機動隊』の実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』大失敗などを踏まえ、アメリカのファンたちは、J・J・エイブラムスがプロデュースする『君の名は』のリメイクがどう原作を踏襲するのか、警戒しているのだそうです。

io9のBeth Elderkinも不安げな記事を書いていました。


『君の名は』のリメイクは新海誠監督の原作映画に近いままなのか? それともいつものような、アメリカンなアニメからの実写化になるのか? 結局、後者になるのだそうです。しかも、元の権利保有者がそれを望んでいるから…。

脚本家が話す内部事情

すでに去年に実写化の話が持ち上がっていた『君の名は』。/Filmのインタヴューの中で、『メッセージ』の脚本家エリック・ハイセラーが、蔵出し情報を話してくれました。

彼が書いたオリジナルの脚本は、共同制作する東宝にその他20~30本の別案と共に提出されたのだそうです。そこで東宝が、日本の原作をなぞるのではなく「西洋らしさ」を出して欲しいと要求してきたというのです。

彼らは、もし彼らが日本版の実写化を作ろうと思ったら、そんなことは自分たちでやるだろうと述べました。ですが彼らは、西側の視点のレンズを通した実写版を見たがっているんです。

我々は原作を踏まえた、アメリカ版の実写化最良の再現方法を見つけなければならないのです。とりあえず私の脚本は、『ゴースト・イン・ザ・シェル』的ではありませんよ

まぁどのような角度で見るかによりますが、これは原作にもファンにも市場にも、不幸好機か…あるいはその両方かって感じですね。

困難な点

原作は、日本の都市生活と田舎の質素な生活がハッキリ分かれている対比が重要でした。都会と比べると田舎は時代遅れであり、神社で行われる古代の伝統と、現代性の微妙なバランスが大事な要素として根底に流れています。

ですがアメリカの歴史は300年未満であり、非常に多くの異なる文化で構成されていることを考えると、この種のストーリーが同じように進むことを想像するのはかなり難しいかと思われます。

好機かもしれない点

一方で、アメリカでは2018年に中華系アメリカ人俳優だけで出演する、『クレイジー・リッチ!』が作られました。これを踏まえて出演者は日系アメリカ人を起用する、という機会も生まれるでしょう。もしかしたら田舎の日系移民と現代人という設定にしても良いかもしれませんよね。これでホワイトウォッシュ問題を解決しつつ、日系人俳優がビッグになるチャンスが巡ってくるかもしれませんし?


原作の実写版が改悪されるのは、制作側が「どうせ作るなら全然違うモノにしよう」って欲をかくからなんですよね。このままだと、『デスノート』『ドラゴンボール・エボリューション』の二の舞です。

でも、ハイセラーは“わかっている”ようですし、あとはJ・J・エイブラムスとまだ不明の監督の手腕に期待するとしましょう。

Source: /Film

    あわせて読みたい

    powered by