超音波接着したボディは雨に強い!英国発のロールトップ型バックパック「CROMWELL」を使ってみた

  • 7,435

  • Buy
  • machi-ya
  • author Hideaki Yamamura
超音波接着したボディは雨に強い!英国発のロールトップ型バックパック「CROMWELL」を使ってみた
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:

「ビジネスシーンでのバックパック」が市民権を得てしばらく経ち、スーツからカジュアルまで多くのスタイルにおいてさまざまなバックパックを目にする機会も増えましたが、ロールトップ型のバックパックは、まだまだ日本国内ではあまり見かけないタイプのバックパックなのではないでしょうか?

ロールトップ型の利点は、荷物に合わせて容量を調節できる柔軟な「可変サイズ性」。そして、多少の雨程度なら全く問題ない耐水性も魅力です。現在、machi-yaでキャンペーン実施中の英国人気ブランドKnomoのバックパック「CROMWELL(クロムウェル)」は、まさにこのロールトップ型のバックパック。今回、サンプルを試す機会がありましたので、その使用感をお伝えしたいと思います。

十分な収納力と整理しやすいポケット群

Maxcontent_cromwell-2
Photo: 増田 隼也

まずは最も重要である収納力についてチェック。今回は普段利用しているガジェットや小物などに加え、防寒用の折りたためるダウンなどを入れてみました。

DSCF0003-2(1)
Photo: 増田 隼也

上記を全て収納した状態がこちら。まだコンパートメント内には余裕があり、ロールトップ部分も3巻きほどできたのでまずまずの収納力。公式スペックでは27.5リットルの容量と記載がありますが、工夫次第ではもう少し詰め込むことも可能だと感じました。ただしロールトップ型バックパックの多くは袋状の1コンパートメントとなっているため、適当に入れすぎるとシルエットが残念になってしまうので注意が必要です。

organizer_cromwell-3
Photo: 増田 隼也

本体内部の小物オーガナイザーは昨今のガジェット類に最適化されており、iPad(10.5インチ)がしっかり入る一番大きなポケットから、スマホやモバイルバッテリー、パスケースなどが入る小物ポケットが4つ、その他カードスロットやペンホルダーが搭載されておりこれらを活用すれば小物類の整理に困ることはなさそうです。

macbook13inch_cromwell
Photo: 増田 隼也

保護パッドが搭載されたPC用のスリーブに先代13インチ MacBook Proを搭載したところがこちら。スムーズに収納することができます。

macbook15inch_cromwell
Photo: 増田 隼也

キャンペーンページ記載のスペック上、PCスリーブは14インチまでの対応となっていますが、13インチを入れた際にかなり余裕があったので15インチも試してみました。2010年モデルの大きな15インチMacBook Proも上部が少しはみ出ますが、一応収納することができました。動画編集など高スペックが要求されるクリエイターの方などは15インチサイズを利用されている方も多いと思いますので参考にしてみてください。

風合いのあるナイロン生地で耐水性も十分

fabric_cromwell-2
Photo: 増田 隼也

本体生地は質感のよい耐水性ナイロン生地となっており、ハリがある感じですが決してゴワゴワするという感じではありません。またバッグ本体については耐水性向上のため、ほとんどの部分が超音波接着で縫製はストラップ部分やロールトップで隠れる部分などに限られています。

outpocket_cromwell-2
Photo: 増田 隼也

バッグ外側には1つだけポケットが用意されていますが、こちらもしっかりと止水ファスナーになっています。

WR_cromwell-compressor
Photo: 増田 隼也

実際に水をかけてみた様子がこちら。しっかりと弾いてくれています。内側も耐水性ポリウレタンライニングとなっているので多少の雨風は大丈夫そうです。ただキャンペーンページにも記載がありますがあくまで耐水性バッグであり、IPX6等級といった防水を保証するものではないため注意が必要です。


収納力も十分で耐水性もこれだけあれば日常使いとしては十分使えるものだと思いました。何より日本にはまだあまり広まっていないブランドのため、他の人とかぶりにくいというのもポイントかもしれません。

この「CROMWELL(クロムウェル)」はクラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、限定50個が38%オフの9,280円(税込み、送料別途700円)からオーダー可能となっています。詳細は下のリンクからチェックしてください。

>>「CROMWELL(クロムウェル)」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

    あわせて読みたい

    powered by