Amazonが倉庫作業員用の「ロボット避けベスト」を開発。これで事故を防げそう…?

  • 5,858

  • author Tom McKay - GIZMODO US
  • [原文]
  • 中川真知子
Amazonが倉庫作業員用の「ロボット避けベスト」を開発。これで事故を防げそう…?
Image: MAHATHIR MOHD YASIN / Shutterstock.com

「安全第一」になってくれるといいけど。

過酷な労働環境と、時に死者が出るほど危険なことで知られるAmazonの倉庫で、従業員の安全を守るために『ブラック・ミラー』なテックが導入されたようです。

その気になるテックとは、センサー内蔵のサスペンダー型ロボット避けベスト「ロボティック・テック・ベスト」。

このセンサー内蔵ベストを着ていれば、Amazonのロボットが着用者を検出して避けてくれるようになるようです。Amazonロボティクスのブラッド・ポーター副社長がTechCrunchに話した内容によると、以前は従業員がロボットとの接触を避けるために、倉庫内での位置情報をマニュアルで入力する必要があったとのこと。

我々の全てのロボティックシステムは、教材、物理的な侵入防止バリア、プロセス制御、オンボードといった複数の安全システムを採用しています。

これまでは、従業員が自分の作業しているセルのグリッドをマークすることで、ロボットの追跡プランナーが検知してルートを変更していました。このベストを着用することで、ロボットが従業員の場所を検知してルートを変更してくれるので、自分の居場所に印をつける必要がなくなったのです。

ピーター氏によると、ベストはテスト段階ですでに100万回以上の動作が確認されており、導入は「大成功」だそうです。

とはいえ、ベストがすべての安全を完全に保証してくれるわけではないでしょう。労働安全衛生局によると、米国内で発生しているロボット関連事故は、プログラミングやメンテナンス、試験運転、設定、修復といったルーチンワーク以外の部分で発生しているそうなのです。

Amazonの劣悪な労働環境は世界的に有名です。昨年4月には労働安全衛生全国協議会が、Amazonを世界で最も危険な就労環境のひとつだと発表しています。協議会は、AmazonのCEOであり世界で最も裕福な男性であるジェフ・ベゾス氏を「(その富の大部分が)過酷な労働ペースと絶え間ない従業員の監視(でなりたっている)」と書いています。

2013年から報告書が公開されるまでの間で、協議会は7人の従業員がAmazonの倉庫で命を落としていることを突き止めています。7人の内ふたりは大型の乗り物に追突され、他のふたりはフォークリフトが原因と言われています。またひとりはニュージャージー州にあるAmazon倉庫のベルトコンベアに引きずられた後、潰されて命を落としたと言われています。さらに最近ではロボットがクマ撃退スプレーに接触し、従業員が病院送りになったことがありました。

労働環境と事故とディストピアン・ロボットの導入が話題になるAmazonですが、2018年のホリデーシーズンでは、一時的にスタッフの数を減らしたにも関わらず、出荷記録を更新しています。これは自動化がAmazonの成長と売り上げに関係していることを如実にあわらしているでしょう。

職場環境改善の必要性を考えても、Amazonの自動化は止まりません。『ブラック・ミラー』化が進みすぎていて、薄ら寒いような気がするのは私だけでしょうか…。

Source: TechCrunch