4万人の職を消し去った自動化ソフトが一般販売スタート

  • 25,262

  • author Brian Merchant - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
4万人の職を消し去った自動化ソフトが一般販売スタート
Image: hvostik/Shutterstock.com

こわ。

世界的コンサル会社アクセンチュアが、ここ5年ほどかけて開発してきた自動化ソフトウェア「SynOps」の一般販売がスタートします。中小企業の仕事を効率化させると言われているこのソフトは、販売元アクセンチュアのお墨付き。なんせ、アクセンチュア社内で4万人もの職を自動化によって減らしたということですから。

ネタ元Bloombergの報道によれば、RPA(Robotic Process Automation=ロボットによる業務自動化)の流れで開発されたSynOpsは、資金&財務会計や、マーケティング&調達マネジメントの部門において、業務効率の方法や自動化のプロセスを示唆してくれるのが強み。Bloombergの解説では、インドなどの低賃金国家において、アクセンチュアの人間が行なっていたカスタマーサービスやルーチン業務を、今後、SynOpsに対応させていくのが目標です。

すでに、いくつかのケースでは、人間による作業を完全にカットできているとのこと。SynOpsがハンドリングできる作業は、たとえば、受注、見積の発行、見積もり内容の確認、客宛てのメール内容確認・修正など。

アクセンチュアいわく、このシステムによって仕事を失った社員は、またトレーニングを受け別の仕事を務めており、「これは、人間を排除しようというものではありません。人間は、人間がやる必要のある仕事に注力してもらい、できる限り仕事にやりがいを持ってもらいたいのです」と語っています。

「自動化=人間の仕事を奪う」ではない

業務効率化、自動化の真のゴールはまさにこれ。人間は人間がやるべきことだけをやる。それ以外の単純作業、自動化できる部分はシステムやロボットにまかせて、仕事をより楽しく効率的に行なう。ただどんどんと前進していく自動化が、善となるか悪となるかは、現状では結論づけできないのが正直な。業務を奪われた結果、トレーニングを受け別の仕事につく社員はもちろん、ロボットやソフトウェアと対峙するお客さん側にとってもそれは同じこと。良かれと思って導入された自動化システムが、果たして本当に顧客の役に立っているのか…。スーパーやホテルのセルフカウンターがうまくいかず、結局人を呼ぶなんてのは日常風景ですから。

自動化がスムーズに回り始めるのが先か、ロボットやソフトウェアに対する人間のイライラが爆発するのが先か。そうこう言っているうちも、大手コンサル会社はソフトを売って儲け、さらなる人員削減に精を出すのでしょうけれど。

Source: Bloomberg