2018年に購入した安いけどよかったガジェット

  • 20,921

  • author 編集部
2018年に購入した安いけどよかったガジェット
Image: Darcraft/Shutterstock.com

世界は広いぜよ。

世の中で安物と言われるものの中には、それでもピカリと光るやつが存在します。プロガジェッターであれば、大手メーカーのガジェットだけでなく、世に潜むグッドガジェットをディグるのも使命。

ということで、プロガジェッターなギズの中の人が2018年に購入した、安いけどよかったガジェットをご紹介します。

ライター 三浦一紀

AMORNO 完全ワイヤレスイヤホン

181230_cheap_but_good_1
Image: Amazon

AMORNOというところがだしている完全ワイヤレスイヤホン(名前はない…?)。購入時は6,880円。完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり安価な製品だったのであまり期待していなかったのですが、なかなかよかったです。

低音ブリブリの音が好きな人にはもの足りないと思いますが、個人的にフラットに近い感じの音が好きなので、すっとした感じのこのイヤホンの音は嫌いではない

連続使用は2時間ほどだが、付属の充電ケースに入れて充電をすれば3、4回充電できるので、8時間くらいは使えます。見た目はあまりかっこよくありませんが、初心者向け完全ワイヤレスイヤホンとしては、合格点でしょう。

サウンドピーツ QY7

181230_cheap_but_good_2
Image: Amazon

前出のイヤホンは、2時間しか連続使用ができないため、長時間音楽を聴きたいとき(新幹線移動とか)はちょっと困る。そんなときのために購入したのがこちら。購入時は880円だったと思います。

プラスチック感バリバリですが、最大6時間の連続使用が可能。値段が値段だけに音を評価するのはどうかと思いますが、別に悪いという感じはしません。可もなく不可もなくといった感じ。

カナルタイプのイヤホンは、耳の奥までしっかり入れば、低音がしっかり聞こえるので、耳に合うサイズのイヤーピースを選ぶのが重要だと思います。

iLoveCos JP ストリングワインダー(ピンプラー ニッパー付き)

181230_cheap_but_good_3
Image: Amazon

ギター弾きなら持っておきたい一品。購入時の価格は880円。ギターの弦交換のときに役立つ機能を兼ね備えた便利グッズです。

弦を巻く「ワインダー」、エンドピンを抜く「ピンプラー」、弦を切る「ニッパー」の3役を兼ね備えています。それぞれ別々なものを持っていたのですが、これ1本で事足りてしまうためたいへん重宝しています。値段も安いので、何本か買って、ギターケースなどに適当に入れておけば、ライブをするときなどにも便利でしょう。

編集部 吉岡

Wavlink MacBookPro専用USB-Cアダプター

181230_cheap_but_good_4
Image: Amazon

MacBookProをゲットした時に同時に購入したUSB-Cのアダプターです。MacBookPro専用で左側のUSB-C端子×2にバコッとつける仕様になっています。

価格は現在だと3,969円で販売されてますが、僕が買った時は運が良すぎてタイムセールで639円でした(いまだに価格をミスってたんじゃないかと思ってる)。

使い勝手はとてもいい。つけはずしはせず、ほぼずっとつけっぱなしにしています。厚みもMacBookProと変わらないので問題なし。やっぱり端子が少ないのはスマートではありますが、ちょっと"悪"ですよね。

コイツのおかげでMacBookProでのわずらわしさは解消されました。

GPG2 ノートパソコン用折りたたみスタンド

181230_cheap_but_good_5
Image: Amazon

仕事柄ずっと机で作業することも多く、腰や背中に気を使いたくて購入したPCスタンド。価格は780円でした。

本体はすべてプラスチックでできていてビックリするほど軽いです。しかも折りたためるので、持ち運びもめちゃくちゃ楽。言ってしまえプラスチックの板ですから。

PCの重さに耐えられるか心配でしたが、いいバランス感で支えてくれるので問題なし。最初は会社用に買いましたが、自宅用にもリピートしてしまいました。

ちなみに最初は手前のPCを引っかける部分が、僕の使っているMacBookProの厚みより長くて出っ張ってました。でもその出っ張りをプラスチックなのでニッパーでぶっちぎったらちょうどよくなりましたとさ。

Source: Amazon(1, 2, 3, 4, 5