Chrome純正の広告ブロック機能、7月9日から使えます

  • 13,244

  • author 塚本直樹
Chrome純正の広告ブロック機能、7月9日から使えます
Image: / Shutterstock.com

快適なインターネットを実現へ。

Google(グーグル)はChromeブラウザに搭載された広告ブロック機能を、7月9日からグローバル展開すると発表しました。

Chromeブラウザの広告ブロック機能は、「Coalition for Better Ads」に準拠したものです。これはユーザーのウェブサーフィングを妨げる悪質な広告を防ぐ目的で設立されたもの。具体的には、以下のような広告が悪質だと判断されます。

デスクトップ版:ポップアップ広告、画面を塞ぐカウントダウン広告、自動再生動画や音声、大きく画面を追従する広告。

モバイル版:ポップアップ広告、画面を塞ぐ広告やカウントダウン広告、自動再生動画や音声、30%以上を占める広告、フラッシュなどアニメーション広告、大きく追従する広告、全画面のスクロール広告。

これらの悪質な広告はみなさんもどれか、あるいは多くを体験したことがあるのではないでしょうか。なお北米やヨーロッパではすでにこの広告ブロック機能が2019年1月から実装されており、問題が指摘されたサイトのうち3分の2で問題が修正されたそうです。

さらにサイト管理者向けにも、Google Search Console内の「Abusive Experiences Report」にて、自分のサイトに問題があるかどうかがチェックできます。快適なウェブサーフィンのために、ブラウザだけでなくサイト管理者も協力していってほしいものですね!

Source: Venturebeat

あわせて読みたい

powered by