研究:1ヶ月だけの禁酒でも効果はある

  • 15,811

  • author Ed Cara - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
研究:1ヶ月だけの禁酒でも効果はある
Photo: Shutterstock

今年の抱負はお酒を減らすことっていうのもいいかも?

みなさん、今年の抱負決められましたでしょうか。健康のためにお酒の量を減らすという抱負を掲げた方もいるのでは? イギリスでは新年1月に「Dry January」という1ヶ月間だけの禁酒キャンペーンが行なわれます

2014年に始まったこのキャンペーン、実は1ヶ月のみならず長期的にお酒の量を減らすことに一役買っていることがわかりました。2018年に1ヶ月だけのDry Januaryに参加した人たちが8ヶ月後にもお酒の量が減っていることが研究の結果判明したのです。

禁酒をやめても酒量はジワッと減る

Dry JanuaryはイギリスのAlcohol Concern UKというチャリティによって始められました。SNSでも話題になっている、11月の1ヶ月のあいだ男性がヒゲを剃らないMovember(前立腺ガンのチャリティ)などと同じような感じですね。Dry Januaryに参加する人は、1ヶ月のあいだ酒断ちをするというもの。

チャリティと合わせて、イギリスのサセックス大学の研究者チームが2018年のDry Januaryに参加する人たちに、あらかじめオンラインでアンケートを取りました。2,000人以上の参加者の飲酒状況や他の生活習慣、また飲酒することについてどう考えているかという内容です。そして8月まで調査協力をしてくれた816人に、もう1つのアンケートをお願いしました。

その結果、Dry Januaryに参加する前の参加者の平均飲酒日数は週4.3日だったのが、8月には3.3日に減っていたのです。また飲む量も減っていることがわかりました。さらには酔っ払う回数も月に3.4回から2.1回へと減少。

数字だけではなく、気持ちの面でも参加者の変化が見られました。93%の人たちが達成感を感じたと答え、88%の人がお金の節約になったと回答。また70%の人がより健康的になった気がすると答え、58%の人が痩せたと答えています。いい傾向ばかりですね。

そしてDry Januaryを途中でやめてしまった人でも、やりきった人よりは大きい変化ではないものの、飲酒の習慣がよい方向へ行っていることが確認されたそうです。「Dry Januaryにチャレンジするだけでも良いことがあるのです」とサセックス大学のRichard de Visserさんは話しています。

途中で挫折しても効果アリ

前向きな結果となっていますが、調査結果は参加者の自己申告なので、確実なものではないことは心に留めておかなくてはいけません。

しかし2014年のDry Januaryに参加した人たちにアンケートを取った研究結果もあるのですが、その時もDry Januaryをやりきった人、途中でやめてしまった人、関係なく6ヶ月後の飲酒量が減っているという結果が出ています。(今回の結果ではキャンペーンを最後までやりきった人の方がその後の飲酒量が減っているという結果ですが)

もう1月も半ばに入ってしまいましたが、新年の抱負をまだ決めていない人は、試しに参加してみてはいかがでしょう? 1月に限らず、今日から1ヶ月だけお酒飲まないぞ! と自分で決めてやってみることもできますね。

Source: University of Sussex

    あわせて読みたい

    powered by