なぜ人類は月へ向かう?原発にすら代わるエネルギー源に集まる注目

  • 9,733

  • author 湯木進悟
なぜ人類は月へ向かう?原発にすら代わるエネルギー源に集まる注目
Image: Gettyimages

から電気…?

人類が最初に月面へ降り立ってから、もう数十年の歳月が流れ、次は火星など、別の惑星を目指す動きが本格化しています。ところが、いま改めて月面探査を重視する国々が増えていることも事実なんですよね。キーワードはエネルギー

EUで月でロケット燃料を調達しようという動き

たとえば、Futurismは、このほど欧州宇宙機関(ESA)が、2025年に計画している月面探査計画の概要を伝えています。ArianeGroupと共同で進められる同プロジェクトの目玉となるのは、8.5トンに相当する機材の運搬を担う「Ariane 64」ロケット。積み荷の詳細までは明かされていないものの、目指されているのは、月面でのロケット燃料の調達。ここで燃料が手に入れば、月を拠点に別の惑星を目指すロケットの打ち上げが可能になるほか、月面基地の動力源を現地調達可能とのビジョンが掲げられていますよ~。

豊富に月面燃料確保が行なえるならば、地球から月へ運び込むものを最小限に抑え、月での生活が、ますます快適になっていく未来だって描けるのかもしれません。また、地球から火星などを直接目指す巨大なロケットを打ち上げずとも、とりあえず月まで行ければ、あとは月面から容易に再出発できる環境だって整っていくのかもしれませんね。

インドで月での発電計画

なお、こうした宇宙での燃料確保のみならず、もっと大胆な構想をブチあげる国も出てきているようです。Oilprice.comは、インドで進む月面での発電計画を報じました。増え続けるインド国民の電力需要を賄うため、なんと資源の豊富な発電を行なえる体制を整え、ドンドンと地球上へ電力を送るプランが真剣に検討されているみたいです! まるでSFの世界のような話ですが、地球上に危険を伴う原子力発電所を建造せずとも、月面に次々と発電システムを用意すればいい時代だって、そのうちやってくるのかもしれませんよね。

Source: Futurism

    あわせて読みたい

    powered by