今年は本気だす? Facebook、ARグラスに大量人材投入

今年は本気だす? Facebook、ARグラスに大量人材投入
Image: TimeStopper / ゲッティイメージズ

焦っちゃいけないけど期待しちゃう。

2016年のFacebook(フェイスブック)デベロッパカンファレンスF8で、ザッカーバーグCEO自らが語っていたARグラス。ここ数年、ARグラスはFacebookの最優先プロジェクトと言われるものの、特に何か発表があるわけじゃなくどうなってんのかなーと思ってたら、今年は大きな動きがありそう。

ネタ元のBusiness Insiderによれば、Facebookの研究部門Reality Labsから、ARハードウェアに取り組む新たなチームにかなりの人数を異動したといいます。Facebookは詳細なコメントは避けたものの、Business Insiderの取材に対して「数百人規模の異動」だと明かしています。

2017年春、Recodeの取材にて「今は、まだみんなが欲しいと思えるARグラスを実現させるためのテクノロジも科学もない」「5年、7年後くらいには、それ(技術や科学)がでてくると思う」と語っていたザッカーバーグCEO。ならば、最短2022年の実現を視野に、いよいよ今年本格的に動き出しているということでしょうか。

Business Insiderでは、ARグラスの試作品を試したというある人物に取材しており、ARヘッドセットというよりは従来のメガネに近いスタイルだといいます。いわく「高級なメガネという印象。装着感が重く感じない軽さはあるけれど、間違って上に座ってしまったら簡単に割れちゃうほどの軽さではない」また、このソースは2022年発表を予定とも語っていますが、これをFacebook担当者は否定。複数のARプロダクトを研究開発中で、中には実現されないものもでてくるだろうとコメントしています。

米Gizmodoが同Facebook担当者に確認したところ、10年規模の長期プロジェクトだと回答がありました。だから、今はなんとも言えないと。MR系プロダクトの影は、あまりに早くからちらつき始めているので、辛抱がきかない我々です。

Source: Business Insider

あわせて読みたい

powered by