政府が全国のIoT機器に侵入できるか調査するんだって。どこの国? …って日本だよ

  • 11,588

  • author 小暮ひさのり
政府が全国のIoT機器に侵入できるか調査するんだって。どこの国? …って日本だよ
Image: Laboko / shutterstock.com

やべえ時代になった。

NHKニュースによりますと、総務省が「IoT機器に無差別侵入調査する」というちょっとホラーな…グレーな? 危うい? な調査を行なうようです。IoT機器に無差別侵入だなんて、実質的には不正アクセスと変わらないわけで、まさにIoTハザード(危機)。いったいどこの国の話だよ!って思っちゃうけど、はっはっは、日本なんだなぁこれが

でもそれにはちゃんとした背景があります。

指摘されているのは、IoT機器があまりにも初期設定のまま使われすぎているよ!問題。こうした機器が放置されていると、サイバー攻撃の足場として利用されてしまう可能性があるんですよね。こうしたより深刻なサイバーリスクを未然に防ぐための措置であるとのこと。

でも、勝手に調査するのは違法じゃないの?

もちろん、IDやパスワードが単純で予想しやすいものだったとしても、他人の機器に勝手に侵入したら、それは不正アクセス。でも、今回の調査に限定して特例的に機器への調査を認め、5年間に限って総務省が所管する情報通信研究機構が行なうとのことです。

調査対象として挙がっているものとしては、およそ2億台が対象。いわゆるIoT機器のみならず家庭や会社などにあるルーターやウェブカメラなども含まれるようですね。調査は来月中旬に開始され、初期設定のままになっていたりセキュリティー対策の不十分な機器を洗い出して注意を促すとしています。

手段的にはかなり強引なことは確かで、怒りや不安を抱くのももちろんですが、「インターネットにつながるモノ」や「インターネットとの仲介をするモノ」はここ数年で急速に広まりました。同時に、「インターネットからのリスク」も増えています。

現代ではネット上のホラーがリアルな恐怖へとつながる可能性もあり、さらに今後はオリンピックやパラリンピックといった大イベントも控えています。その緊急措置としてのものなのでしょうが、果たしてその手段が妥当なのかどうかは…難しいところです。

色んな意見があるだろうけど、今僕らができること

今回はあくまでも、期間を定めて特例的に利用者に注意喚起を促すというアプローチです。まさか一軒一軒訪問して「IoT機器ありませんか?」なんてやるのも無茶ですし、(いい気はしないけど)ある程度妥当で現実的な手段だという意見もあるでしょう。一方で、無差別侵入は緊急措置としても危ういもので、その行為自体の危険性を訴えるといった意見も多いでしょう。これは本当に難しい問題です。

でも、そうした議論が交わされることでも、セキュリティへの関心が高まると思うので、議論が増えるのは良いことなんだと思います。

…とはいえ! セキュリティ強化のため、犯罪を未然に防ぐためという名目だとしても、勝手に侵入されるのはやっぱり気持ちのよいもんじゃからね! とりあえず今すぐ僕らにできることは、それっぽい機器の初期ID、初期パスワードを変更しておくことです。

あっ、うちのスマートリモコン…どうだったかな?

さいきん多いパスワード流出に振り回されない方法

面倒臭がらず、やりましょう!つい先日、史上最大数のメールアドレスとパスワードが流出するという事件が起こりました。その数なんと、メールアドレス7.7...

https://www.gizmodo.jp/2019/01/password-theory.html

Source: NHKニュース

    あわせて読みたい

    powered by